三 浦 層 群 の 堆 積 構 造
Sedimentary structures of the Miocene Miura Group, Chiba Prefecture
コンボリュート葉理

<勝浦市吉尾の海岸>
脈 状 構 造

           <勝浦市吉尾の海岸>
 三浦層群には地層が堆積した後に形成された堆積構造が観察できます。そのうち,ここではコンボリュート葉理と脈状構造を紹介します。コンボリュート葉理(convolute lamination)は,地層がまだ柔らかいとき,外からの力が加わって地層内部の葉理が流動して生じる変形構造の一つです。写真で示したのはNmと名付けられている凝灰岩に発達するコンボリュート葉理です。
 脈状構造は脱水構造の一種です。砂層のように粒と粒の間のすき間(間隙と言います)が多い地層が,まだ柔らかくて水分に富んでいる時,外からギュッと押されると間隙水圧が急上昇します。そうすると砂層中の水だけでなく砂も一緒に外に押し出され(これが脱水です)ます。押し出された砂は,上に重なる細粒のシルトや粘土からなる地層に注射器の薬のように注入されます。
 このメカニズムは実は地震の時に良く見られる液状化と同じです。砂層の上が地面の場合,間隙水と共に砂がジェット噴水のように噴出して堆積します。これが噴砂です。脱水構造が出来るときは,このように外からの応力を受けるので,しばしば断層が形成されます。
アップした画像では,細粒砂の細脈が網目のようにシルト岩中に注入されています。シルト岩には小断層が網目のように発達していますが,ほとんどのものは細脈を切っていないので,ほぼ同時に形成されたことが分かります。



Back
Index
Next
Home