九十九里浜のリップル(砂漣)とアンチデューン
Ripple and antidune in the Kuju-kurihama
(Kuju-Kuri Coast), Chiba Prefecture
 水の流れや風によって,の表面にはいろいろな模様ができます。砂漠に波のよ
うな模様が写っている写真を良く見ますが,あれがそうです。用語としては短い波長
のものをリップル(砂漣),比較的大きなものをデューン(砂堆)とかサンドウエーブ,メ
ガリップルと呼んでいます。   
 水の流速,砂粒の大きさ,流れる向き(川のように一方向か波のように往復するか)
によって千差万別のリップルやデューンが出来ます。揖保川河口の新舞子浜や有
明海の干潟の風景写真を良く見ますが,あれはデューンの写真です。
 さて九十九里浜の浜辺を歩くと,波打ち際の所々にリップルが出来ているのを発
見しました。順光で撮影してはただの科学写真になってしまうので,逆光で撮影でき
る場所と日時を見計らって撮影したのがこの写真です。

千葉県九十九里町
 さて波が浜辺に打ち寄せ,引き波となって退く時,かなりのスピードになります。写真を撮りながら気がついたのですが,引き波で生じるリップルは,よく見ると上流に移動しているのです。普通,リップルは下流に移動します。しかし流れが非常に速いときには,上流に移動することがあります。これをアンチデューンと呼びます。
 アンチデューンは地層中に残されることはめったにありません。それどころか実際のアンチデューンを観察した例や写真もほとんど無いため,本当はどんな形をしているか良く分っていないと言うことです(調べた限りですが)。もしそれが本当なら,下の写真は実際のアンチデューンを写した貴重な写真と言うことになります。
 ビデオで撮影すればアンチデューンがどのようにして生まれて,消えていくの良く分かるでしょうね。

千葉県九十九里町



Back
Index
Next
Home