日 本 各 地 の さ ざ れ (細) 石
Calcareous breccia named Sazare-ishi in Japan

<京都下鴨神社>
 
 さざれ石は岩石名としては石灰質角礫岩と呼ばれます。石灰岩が雨水や地下水にさらされると,炭酸カルシウム(CaCO3)が水に溶解します。溶け出した炭酸カルシウムを含む水が間隙水となって小石の間にしみ込み,今度は沈殿物となって固化すると,小石同士が固く結びついた岩石となります。炭酸カルシウムがセメントの働きをして,小石をくっつけて岩石に変えるのです。これをセメント化作用とか膠結作用と言います。この場合の小石は,ほとんどが石灰岩の角礫ですから形成された岩石は石灰質角礫岩と呼ばれます。
 さて,日本の国歌「君が代」には,「君が代は千代に八千代にさざれ石の巌(いわお)となりてこけのむすまで」とあります。上に解説したようにさざれ石ができるまで,長い長い年月がかかります。加えて岩の表面にびっしりコケが生えるまでには,更に年月がかかります。ですから「君が代」の歌詞は地質学的に正確な内容を含んでいるのです。
 さざれ石は縁起の良い石なのでしょうか。お祭りの撮影に出かけると,たまに神社境内に置かれているさざれ石を見ることがあります。このHPでは現在まで撮影したさざれ石を順次アップしていく予定です。  

<千葉玉煎神社>


<滋賀多賀大社>



Back
Index
Next
Home