屏 風 ヶ 浦 の 海 食 崖
Byobu-ga-ura - the sea cliff facing the Pacific Ocean in Chiba Prefecture
                                 <千葉県旭市・銚子市>

  <写真1(刑部岬の下) 屏風ヶ浦の飯岡層。模式地です。>
 屏風ヶ浦は,太平洋に面する日本有数の海食崖で,高さ35-60mの崖が東西に10km以上も続いています。その俯瞰写真は,地形や地質関係の本に良く掲載されていますから,目にされた方も多いでしょう。屏風ヶ浦に露出する地層は犬吠層群と呼ばれる海成層で,下部の名洗層(鮮新世)と,それに重なる飯岡層(更新世)に分けられています。屏風ヶ浦本体では飯岡層が広く露出し(写真1),名洗層は東部の銚子市名洗町付近にだけ露出しています。
 飯岡層は砂岩シルト岩互層からなる下部と,砂質シルト岩からなる上部(写真2,3)に分けられています。また飯岡層の上には,ローム層が重なっているのが認められます(写真4)。海食崖を遠望すると,飯岡層は水平に重なっているように見えますが(写真1),実際は北西方向に緩く傾いており,地層の厚さは500mに達します。
 屏風ヶ浦は波浪や沿岸流の作用を強く受けていますから, 柔らかい飯岡層からなる海食崖は激しく侵食されまず。事実,鎌倉時代以降2〜6kmも後退し,鎌倉時代にあった佐貫城は,今でははるか沖合いに没しています。近年では年70cmのスピードで陸側に後退していたそうですが, 1960年代に消波ブロックの設置などの護岸工事行われ,なんとか屏風ヶ浦の侵食は防げるようになりました (写真5)。
 ところが今度は,九十九里浜のやせ細りが問題になりました。護岸工事を行う前には,飯岡層の侵食によって生産された土砂は,沿岸流によって南西に運搬され,九十九里浜に土砂を供給していました。ところが,護岸工事によって侵食による土砂の生産がなくなったため,九十九里浜がやせ細るようになったというわけです。
 消波ブロックのコンクリート道は,現在痛みが激しくなっています(写真5)から,気をつけて歩く必要があります。波の荒い日は歩かない方が良いでしょう。

  <写真2(特別支援学校そば) 砂質シルト岩です,
  白色の火山灰層が見られます。>

  <写真3(特別支援学校そば) 同じく砂質シルト 
  岩。ここでは生痕化石が観察できました。>

  <写真4(通蓮洞そば) ローム層が不整合に重な
り  ます。>

  <写真5(通連洞そば) 消波ブロックが延々と続い
  ています。>



Back
Index
Next
Home