黒 山 三 滝 の レ ッ ド チ ャ ー ト
The red chert of Kuroyama-san-taki Falls in Ogose-machi, Saitama Prefecture

  天狗滝                     上が男滝,下が女滝
 <埼玉県越生町>
 黒山三滝は越生(おごせ)町黒山の越辺(おっぺ)川支流に発達する滝で,男滝,女滝(上右の写真)と,やや
下流の天狗滝(上左の写真)の三つからなる滝です。場所が関東山地東縁にあって東京から約50kmと近く,そ
のせいか江戸時代には庶民の滝見学で賑わっていたそうです。明治になって鉱泉が掘り当てられると,湯治
がてら,四季折々の風景を愛でる温泉客が訪れるようになりました。
 黒山三滝の地質を特徴付けるのは秩父帯のチャート,それもレッド(赤色)チャートです。関東山地は地質学
的な地体構造から言うと,西南日本外帯に属しており,中央構造線(MTL)から南に向かって三波川帯(中生代
の堆積岩類が白亜紀に変成したもの),秩父帯(古生代‐中生代の堆積岩類),四万十帯(白亜紀‐古第三紀の
堆積岩類)が分布し,これらが関東山地を形成する地質となっています。また三波川帯と秩父帯の境界には,
御荷鉾(みかぶ)(「みかぼ」ではありません)緑色岩とよばれる海底火山活動由来の塩基性−超塩基性火山岩
類が堆積しています。これらは,中生代末期−新生代前期にプレートのもぐり込みによって,ユーラシア大陸
に順次くっついた付加体であると考えられています。
 さて,越生町黒山一帯には,秩父帯のチャートと御荷鉾緑色岩が露出しています。チャートは放散虫などの
微化石の深海堆積物が岩石化したものですが,厚さ数mm〜数cmのリズミカルな縞模様を示すものを層状チ
ャートと呼んでいます。また面白いのは,白,灰,黒,赤,緑など,いろんな色が存在し,特に赤色を示すもの
を赤色(レッド)チャートと呼んでいます。地層としてのレッドチャートは,なかなか見ることが出来ない(川原の転
石ではよく見られます)のですが,ここ黒山では厚く露出しています。
 黒山のバス停辺りの越辺川には御荷鉾緑色岩が露出してい
ますが,黒山三滝への支沢に入ると,チャートが露出するよう
になります(右の写真)。ちなみに,緑色岩とチャートの境界は,
低角度の衝上断層と言われています。天狗滝に近づくとレッド
チャートが見られます。天狗滝はチャートがつくる層理上面の
傾斜方向に直交するように形成されているのですが,チャート
が硬いため瀑布は一本の筋のように細くなっています(上左の
写真)。レッドチャートは滝の手前にきれいに層状チャートとして
見られ,小規模な横臥褶曲を形成しています(下の写真)。この
ような層状レッドチャートからなる横臥褶曲は極めて珍しいもの
です。
 天狗滝を過ぎ,さらに上流に進むと女滝と男滝にやってきま
す。ここもチャートが厚く露出しています。天狗滝と同じように,
層理上面の傾斜方向にぶつかるように滝が形成されていま
す。このように三つの滝とも秩父帯のチャートがあたかもダム
サイトとなって形成された滝です。御荷鉾緑色岩や秩父帯のチ
ャートは約1億年前の)中生代に深海に噴出・堆積し,中生代末
にユーラシア大陸に付加したものと考えられています。
 ちなみに同じように層状チャートを穿って形成された滝として
は,群馬県みどり市の小中(こなか)の大滝があります(下の写
真)。これは,大滝の駐車場から滝の見晴台一帯に露出してい
る岩石が,すべて層状チャートであることから分かります。小中
の大滝もやはりチャートがダムサイト状になっています。ただ
し,ここのチャートは秩父帯ではなく,西南日本内帯の足尾帯
に属します。

層状チャート

横臥褶曲(幅約1m

←小中の大滝<群馬県みどり市>



Back
Index
Next