紅廉石片岩とポットホール−長瀞の三波川変成岩,その1−
Thr piedmontite schist and pot hole - Sanbagawa Metamorphic Rock in Nagatoro 1,Saitama Prefecture
 秩父盆地を流れてきた荒川が北に転じる箇所に,長瀞と言う景勝地があります。それまでの穏やかな流れがここでは急流となり,瀬
や淵があちこちにでき,岩畳や赤壁と呼ばれる岩壁もあって,荒々しい渓谷美を楽しむことが出来るため,桜や紅葉の季節には沢山
の人出でにぎわいます。長瀞は荒川による下刻侵食によって生み出されたもので,両岸には三波川変成岩がきれいに露出していま
す。三波川変成岩は結晶片岩が主体ですが,長瀞では岩石の色や模様がとても美しく,花崗岩や火山岩からなる渓谷と違って,岩石
そのものの美しさで私たちの目を楽しませてくれます。明治の初めに最初の東大地質学教室の教授となったドイツ人ナウマンは,日
本に近代地質学を導入し,日本での初めての地質調査を長瀞で行いました。その後も小藤文次郎を初めとして多くの著名な地質学
者達が,長瀞の三波川変成岩を研究しています。こうして,長瀞は日本地質学の発祥の地と呼ばれるようになりました。大正13年
(1924)に,長瀞の親鼻橋から高砂橋までの約3.5kmの三波川変成岩が天然記念物に指定されたのも当然でしょう。
 さて,上流の親鼻橋のたもとには,紅簾石(こうれんせき)片岩が露出しています(左上の写真)。紅簾石片岩とは変成鉱物の1種であ
る紅簾石を含む珪質片岩で,含有量が多い場合にはきれいな紅色を示すのでなかなか人気のある変成岩です。ここでは,所々に紅
簾石が密集し鮮やかな紅色になった片理面が観察できます(右上の写真)。このような綺麗な紅色となった紅簾石片岩はめったに見ら
れません。ただし,ここは天然記念物に指定されていますから,ハンマーなどで叩いたりすることは厳禁です。
 紅簾石片岩の原岩はチャートなどの珪質堆積岩で,紅簾石石英片岩とも呼ばれていますが,特筆すべきは,小藤文次郎が明治21年(1888)に世界に先駆けて新鉱物として紅簾石を報告したことです。明治8年(1875)にナウマンが東大教授に赴任してからわずか10数年で,世界的な業績をあげるまでに日本の地質学はレベルアップしたのです。江戸時代には地質学などはなく,本草学の一分野として珍石,奇石のたぐいを扱っていたに過ぎませんでした。
 この露頭でのもう一つの見所として, ポットホール(甌穴)があります(右下の写真)。ポットホールは,河床に露出する硬い岩石を削って作られた円形の深い穴のことで,穴の中には丸くなった礫が入っているので,流水の力によって礫がぐるぐると回転することによって,穴が掘られたと考えられています。このポットホールは今現在の荒川の河床面から10m程上位にあるので,ホールが形成されてから10mほど大地が隆起したことになります。これは長瀞地域が隆起していることを示す貴重な証拠です。このように長瀞では大地の隆起と,荒川の下刻侵食のバランスが保たれているので,三波川変成岩が地表に露出することになりました。
<埼玉県長瀞町> 



Back
Index
Next
Home