長瀞のタイガーロック -長瀞の三波川変成岩,その2-
The tiger rock of Nagatoro - Sanbagawa Metamorphic Rock in Nagatoro 2,Saitama Prefecture
 親鼻橋から1kmほど下ると,良く知られた虎岩の露頭にやって
きます(左上の写真)。この虎岩の岩石模様は非常に美しく,ここ
を訪れた若き宮沢賢治は「つくづくと「粋なもやうの博多帯」荒川
ぎしの片岩のいろ」と詠んでいます。
 広域変成岩の大部分は結晶片岩からなりますが,分類する基
準によって与えられる片岩の名前は異なります。例えば色調によ
る分類では緑色片岩,黒色片岩などと,堆積岩起源の場合には
粒度によって礫質片岩,砂質片岩,泥質片岩などと,含まれる鉱
物によって緑泥石片岩,緑れん石片岩,石英片岩,紅簾石片岩
などと分類されます。虎岩つくる片岩は,含有鉱物名にちなんで 
スチルプノメレン片岩(脆雲母片岩)と,舌を噛みそうな岩石名が
付されています。褐色の部分がスチルプノメレン,白色の部分が
石英や曹長石からなります(上右の写真)。
 虎岩を良く観察するといろんな岩石構造を発見でき,いくら眺
めていても飽きることがありません。例えば,節理(右下の写真),
片理(右上の写真),石英脈(右中の写真),ちりめん皺褶曲(右下
の写真),,キンクバンドなどの細かな変形構造です。これらは広
域変成作用を受けたときに形成されたものです。また,スチルプ
ノメレン片岩は緑泥石片岩へと横に変化しています(左上と右中
の写真)。
 広域変成作用は,広い範囲(たとえば日本列島規模のような)に
働く応力によって生じる温度と圧力によって,堆積岩や火成岩な
どが影響を受け,岩石変形と鉱物の再結晶が生じて,片状構造
を持つ変成岩が形成される作用です。小藤文次郎の時代には,
三波川帯は先カンブリア時代のものと考えられていました。広域
変成岩は大陸核心部に形成されるもので,当時は漠然と先カン
ブリア時代だろうと考えられていたからです。その後の研究の進
展によって,三波川変成岩の原岩は古生代から中生代で,変成
作用は中生代後期だろうと推定されました。
 現在では,放散虫やコノドントと言う微化石の研究や,プレート
テクトニクスの登場によって,三波川変成岩の原岩は中生代の
ジュラ紀で,変成作用を受けたのは白亜紀だと考えられていま
す。プレートテクニクスの考えでは,白亜紀になって海洋プレート
がユーラシアプレートに沈み込んで地下10数kmで広域変成作
用を受け,三波川変成岩が生じたと考えています。

<埼玉県長瀞町>




Back
Index
Next
Home