岩畳と秩父赤壁 -長瀞の三波川変成岩,その3-
Iwadatami Rock and Chichibu-sekiheki Cliff
‐Sanbagawa Metamorphic Rock in Nagatoro 3‐,Saitama Prefecture
 虎岩から岩畳へと向かう途中に「埼玉県立自然の博物館」があります。レンガ造りの2階建ての立派な建物で,秩父地方の地質や動植物を中心とした展示が充実していますから,見学をお勧めします。地質のコーナーではいろいろな結晶片岩が展示されていますから,説明と実物を照らし合わせながら,それぞれの特徴をしっかりと覚えることができます。
 博物館を後にして下流方向に向かうと,長瀞渓谷のハイライトの一つである岩畳(左上の写真)にやってきます。岩畳は文字通り,畳を置いたような一枚岩からできており,その上面は川面から約5m

<埼玉県長瀞町>
の高さにあります。地形として見ると岩畳は岩石段丘に相当しますが,段丘上には「四十八沼」と呼ばれる細い水路のような水溜りがあります。これは荒川の河道の跡です。この水路は今の荒川の河床から約5m上にありますから,岩畳はその後,5mほど相対的に隆起したことになります。
 さて岩畳には,黒っぽくて泥っぽい結晶片岩が露出しています。この片岩は鉱物として石墨を含有しているので石墨片岩と呼ばれ,泥岩を原岩としています。片岩には,小断層,節理,片理面,キンクバンドがきれいに発達し(左の写真),また石英脈が縦横無尽に走っています(その右の写真)。これらの微細な変形構造は,泥岩が変成作用を受けて結晶片岩となった時に形成されたものです。
 ここの荒川右岸には,「秩父赤壁」と呼ばれる高さ20m,長さ500mほどの断崖があります(右上の写真)。「赤壁」と呼ばれるのは,岩壁が西に向いているので岩肌が夕陽に赤く染まることや,そのありさ
まが中国「三国志」時代の魏対呉・蜀連合軍による「赤壁の戦い」の「赤壁」を連想させるからでしょう。
 さらに下流に進むと,結晶片岩中に発達した横臥褶曲がみられます(左下の写真)。これは文字通り背斜構造が横に臥せたような形をしたものですが,よく見ると地層の重なりが堆積した時とは逆になっている部分があります。これを「地層の逆転」と呼んでいます。



Back
Index
Next
Home