三 波 石 峡 の 三 波 川 結 晶 片 岩
The Sanbagawa crystalline schist at Sanba-ishi-kyo (Sanba-ishi Gorge) in Fuji-oka-shi
(Fujioka City), Gunma Prefecture, and in Kamikawa-cho (Kamikawa Town), Saitama Prefecture
 群馬県と埼玉県の県境を流れる神流(かんな)川中流に下久保ダムがあります。そのダムサイトの下流には三波石峡と呼ばれる渓谷があり,約1.5kmに渡って結晶片岩の巨岩や奇岩が露出しています。三波石峡は江戸時代から景勝地と知られており,ここから産する結晶片岩はその見事な文様から「三波石」として全国的に知られ,庭石や石碑などに珍重されてきました。今でもこの近くには,「三波石」を扱う石材店を目にすることが出来ます。
 「長瀞の三波川変成岩」のところで書きましたが,明治時代,東京大学の地質学者,小藤文次郎が長瀞から三波石峡を経て,更に北の三波川にかけて分布する結晶片岩の地質学的な研究を行いました。その時に踏査した「三波川」と言う神流川の一支流の名前が,今でも「三波川結晶片岩」や「三波川変成帯」として受け継がれています。このように三波石峡は,日本列島の地質研究史にとって非常に重要な場所にある上,名石「三波石」の産地であることから,昭和32年(1957)に国の天然記念物に指定されました。
 三波石峡は下久保ダムが建設される以前は,清流と結晶片岩の露岩とがあいまって見事な渓谷美を誇っていたのですが,ダム建設によって上流からの水が断たれ,無残な姿になったそうです。これが問題となり,その後ダム湖(神流湖)からの水が流れるように改修工事が行われ,平成13年(2001)に完成しました。往時の様子を知る由もありませんが,橋から眺める光景はなかなかのものです(左の写真)。
 渓谷の奥にやってくると広い駐車場があり,谷に下る遊歩道が何本か設けられています。渓谷に降り立つと,河床一帯には大きな露岩や転石が見られま
す(下左の写真)。三波石峡の結晶片岩は長瀞のそれと同様に三波川変成帯に属していますが,ここではほとんどが緑泥石片岩です。片岩には縦横無尽に石英脈が見られ,また褶曲構造,片理などが発達しており,高圧型変成岩の特徴が観察できます(下右の写真)。ただ,長瀞の方がアプローチが容易な上,いろいろな結晶片岩の特徴が見られ,近くにある埼玉県自然の博物館で勉強することもできますので,結晶片岩そのものを勉強には長瀞をお勧めします。なお,三波川帯の形成史については,当HPの「長瀞のタイガーロック」で解説を加えました。三波石峡一帯は天然記念物に指定されており,採石や岩石を傷つけることは固く禁止されていますので注意が必要です。
<群馬県藤岡市,埼玉県神川町>



Back
Index
Next
Home