御 岳 の 鏡 岩   
The Kagami-iwa rock at Mt.Mitake in Kamikawa-cho, Saitama Prefecture
 <埼玉県神川町> 
 鏡岩とは,つるつるの鏡のように光る断層面(鏡肌(slickenside)と言います)にちなむ名称で,御岳(みたけ)中腹に露出しています(なおこの山の呼び名や表記は御岳のほか,御岳山,御室山,御嶽,御室ヶ嶽などとあり,どれが正式名称か分かりませんでした。ここでは,天然記念物の名称にある「御岳」を使用します)。鏡岩へは麓にある金鑽(かなさな)神社を通って行きます。金鑽神社の大きな鳥居をくぐると右手に多宝塔があり,さらに進んで社務所を通り過ぎると拝殿にやって来ます。しかし拝殿はあっても本殿はありません。金鑽神社のご神体は御岳そのものなので,本殿は無いそうです。山や巨石などの自然物をご神体とする神社は,奈良桜井市の大神(おおみわ)神社や滋賀野洲市の御上(みかみ)神社などあちこちにありますが,ここ金鑽神社もその一つだと言うことです。
 拝殿に向かって左に折れ,登山道を300mほど登ると,柵に囲まれた鏡岩にやってきます(左の写真)。地質学的にみると,御岳は三波川帯に位置しており,低温高圧型の三波川変成岩が露出しています。三波川変成岩はいろんな種類の片岩(低温高圧の変成作用によって紙のようにはがれやすくなった広域変成岩の総称)からなりますが,鏡岩辺りでは石英片岩が露出しています。鏡岩を造る断層面の大きさは高さ約4m、幅約9mで,鏡肌としては超巨大です。昔の写真を見ると鏡肌も今よりきれいに保存され,きれいに輝いていたようですが,今でもつるつるしており見事なスリッケンラインが発達しています(右の写真)。鏡肌やスリッケンラインは,断層の上盤と下盤どうしの強い摩擦力によって形成されたものですが,この鏡のように光る岩肌をみた昔の人が不思議に思って,これを「鏡岩」と呼んだのもむべなるかなと言う感じです。
 断層面は,三波川帯が伸びる方向にほぼ平行に発達しており,約30度北傾斜の正断層面です。スリッケンラインは断層面上の線構造で,上盤と下盤の運動方向に沿って刻まれるので,断層ができたときの運動方向を識別するのに有効です。この断層がいつ出来たのか良く分かりませんが,三波川変成岩は原岩がジュラ紀,付加して変成作用を受けたのは白亜紀と言われていますから,白亜紀(およそ1億年前)頃であった可能性が高いでしょう。
 ところで,金鑽神社の「金鑽(かなさな)」の由来には二つの説があるそうです。一つは火打石(火鑽石)にちなむもので,ヤマトタケルノミコトが火打石をこの地に奉納し,アマテラスオオミカミとスサノオノミコトを祀ったとの言い伝え,もう一つは,「金鑽(かなさな)」とは「金砂」のことで,この地はかつて良質の銅を産出し,その元となった黄銅鉱が黄金色をしていたと言う,銅にちなむ説です。
 神話伝承はさておき,言い伝えの核となった部分は,二つとも地質学的にみておかしくありません。一つ目の火打石説に関してみると,火打石によく使われた硬い石はほとんどがチャートです。そして御岳に露出する石英片岩はチャートが原岩の非常に硬い石です,古代には火打石として用いられたとしても不思議ではありません。二つ目の銅起源説ですが,三波川帯にはキースラガー(層状含銅硫化鉄鉱鉱床)と呼ばれる層状の銅鉱床がしばしば胚胎しています。大規模な鉱床としては四国の別子鉱山が有名ですが,御岳にも似たような鉱床がある可能性は否定できません。
 鏡岩は昭和15年(1940)に天然記念物に指定されました。その後,昭和31年(1956)には特別天然記念物に指定されました。特別天然記念物は天然記念物のうち,世界的に価値があるものや国家的に価値が高いものが指定されます。鏡岩のように巨大な鏡肌は確かに他には見られないもので,特別天然記念物に指定される価値は十分にあるでしょう。


Back
Index
Next
Home