叶山の石灰岩巨大オリストリスと白水の滝
Giant limestone olistolith and Shiramizu-no-taki Fall
of Mt.Kano-zan in Ueno-mura Village, Gunnma Prefecture

  <群馬県上野村
 埼玉県秩父市から群馬県上野村一帯には,大規模な石灰岩採掘場があちこちにあります。最も規模が大きい採掘場は秩父盆地の武甲山で,遠く秩父市市街地からも,えぐりとられたような異様な山体を見ることができます。叶山(かのうざん,かのうやま)も石灰岩採掘場の一つで,近場から見るとテッペンが鍋蓋のように異様な形をしています(上の写真)。以前は標高1106mの普通の形をした山でしたが,20年間にも及ぶ石灰岩の採掘によって,現在のように平らに低く削られてしまったと言うことです。
 これほど長期で大規模な採掘場ですが,周囲の国道を車で走っても,石灰岩を運搬したはずのダンプの轍が少しも見当たりません。不思議に思って調べると,採掘された石灰岩は,採掘場からベルトコンベアーに乗せられ,40q先の秩父市のセメント工場まで延々と搬送されているとのことです。コンベアーは地下深く掘られたトンネルに設置されているので,これだけ大規模かつ長期の採掘にもかかわらず,採掘された石灰岩は,まったく私たちの目に触れることが無いのです。
 秩父地方の石灰岩鉱床は,秩父帯を構成する中生界付加体中の巨大オリストリスを採掘しています。石灰岩は海山起源の巨大岩塊で古生代二畳紀のもの,周囲の地層は大陸斜面から深海の堆積物で中生代(主にジュラ紀)のものと考えられており,年代にして両者のあいだには実に1億年もの差があります。このような地質が出来た理由は,中
生代に太平洋プレートがユーラシアプレートに潜り込んだとき,太平洋プレート上の海山(古
生代に出来たもの)がバラバラに砕け,中生代の堆積物に取り込まれたものと解釈されてい
ます。叶山の石灰岩からは,二畳紀のフズリナ,サンゴ,ウミユリなどの動物やイワウラジ
ロ,キバナコウリンカなどの化石を産出します。
 さて,叶山の採掘場には許可が無いと入れません。ただ,採掘場へのトンネル入り口まで
は通行可能です。入り口駐車場のそばには,一条の水が流れ落ちる滝があり「白水の滝」と
呼ばれています(下の写真)。この滝は地質学的に見て珍しい滝です。写真をごらんになると
上の石が白っぽく,下の石が黒っぽくなっていることに気がつくでしょう。上の岩石は石灰岩
オリストリス,下の石は中生界付加体の泥岩です。白水の滝となる水が流れ出しているの
は,石灰岩と泥岩のあいだです。つまり「白水の滝」は石灰岩オリストリスと付加体とのあいだ
に生まれた滝と言う事になります。こんな滝は見たことがありません。
 白水の滝はこれまで何度か訪れています。冬季には氷結するのではないかと期待して行っ
たのですが,まったく氷結はしていませんでした。石灰岩から流れ出す地下水なので,水温
が高いのでしょうか。滝にはびっしりコケが付着しています。梅雨時になると綺麗かもしれま
せん。機会があれば,その時期に訪問したいと思っています。



Back
Index
Next
Home