上 野 村 の 亀 甲 石
Calcareous nodule named Kikko-seki rock in Ueno-mura Village, Gunma Prefecture
  上野村は,群馬から信州方面に抜ける「十石峠街道」沿いにあります。山また山の地ではありますが,車なら東京方面から4〜5時間でや
ってこられ,またいろんな施設があって,あまり辺鄙な感じがしません。この地方には中生代-古生代の秩父帯や白亜紀の山中地溝帯に属
する地層が露出しており,いろんな岩石や化石などが観察できます。
 さて,上野村には「亀甲石」と言う,国の天然記念物に指定された岩石が産出することを最近知りました。出かける前にいろいろ調べてみまし
たが,実態があまり良く分かりません。少なくとも正式な岩石の名称ではなく,愛称(ニックネーム)で「亀の甲羅に似た石」程度のことしか分かり
ませんでした。もう一つ不安な点は,現在では露頭での産出状況が見られなくなったと言う記事でした。
 不安を抱いたまま現地に出かけたのですが,たまたま立ち寄った「上野村ふれあい館」のカウンターに,「亀甲石」の表示のある岩石が置い
てあるのが目に留まりました。石の表面に亀の甲羅状の割れ目が入っています(右上の写真)。お願いして写真を撮らせてもらい,「今,見よう
とすればどこで見られますか」と聞くと,やはり「今ではコンクリートで覆われてしまって駄目です。子供のころには川原などでいくらでも見られ
たんですけどね。」と言ったはかばかしくない返事です。
 がっかりしましたが,とにかく写真だけは撮らせてもらい,前もって調べた産地に向かいました。しばらく車を走らせたあとポイント近くに止め,
道沿いに歩くと,確かに崖には,コンクリートが一面に吹き付けられています。それでも小さな谷に入り込むと,泥岩が露出しています。道路
沿いを更に進むと木の棚があり,棚の上には驚くことに見事な「亀甲石」が並んでいます。持ち主らしき人に声をかけて聞くと,この辺りでコレ
クションした「亀甲石」とのこと。案内されて「亀甲石」がもともとあった地層を観察してみると,地層には丸い大小の穴があり,一目見てこれらは
団塊(ノジュール)が抜け落ちた跡だと分かりました。団塊とは,地層や堆積物中に形成された大小の塊のことです。左上の写真は地層から
ゴボッと採取したもので,色の薄い部分が団塊(つまり亀甲石),色の濃い部分が地層に当たります。右上の写真は一つの団塊で,表面に亀
の甲羅のような模様が発達しています。地層を調べてみると,ここには山中地溝帯の石堂層が露出していることが分かりました。
 こうして,やっと「亀甲石」の正体が分かりました。「亀甲石」は,山中地溝帯の泥岩に含まれる石灰質団塊で,表面に亀の甲羅
のような多角形の割れ目が発達している団塊のことです。割れ目は収縮によって生じたもので(右下の写真),線状模様の白い物質は恐らく,石灰分が空隙を充填し濃縮して固まったものでしょう。このような団塊は見たことがありません。確かに珍しいものです。
 これで疑問は氷解しましたので,持ち主の方にお礼を言って,写真を撮らせてもらうことにしました。実際のところ,今では露頭で「亀甲石」を見つけることは難しそうですが,現地に行けば親切に対応してもらえるでしょう。もちろん,見学する前には,持ち主の方に許可をもらうのが礼儀です。
 それから,この地方の地質や化石については,神流町には立派な「恐竜センター」があるので,そこを見学して学習することをお勧めします。
<群馬県上野村>



Back
Index
Next
Home