上 野 村 の 鍾 乳 洞 不 二 洞
Fuji-do Cave in Ueno-mura Village, Gunma Prefecture

 
  日本は石油石炭などの化石燃料,鉱物などの地下資源の乏しい国ですが,石灰岩だけは例外的に国内で調達できるほど豊富に分布しています。その理由は,秩父帯や中国帯などの中古生界の構成物として,石灰岩の地層やオリストリスがたくさん含まれているからです。石灰岩が広がる地域には,石灰岩地域特有のカルスト地形が発達し,石灰岩台地や鍾乳洞と言った美しい景観を私たちにプレゼントしてくれます。鍾乳洞は,石灰岩岩体が雨水や地下水によって溶食(化学的溶解によって侵食されること)されてできた洞穴ですが,日本の鍾乳洞としては秋芳洞や安家洞が,石灰岩台地としては平尾
 <群馬県上野村>
台や秋吉台が有名です。ここ上野村にも不二洞と呼ばれる鍾乳洞があり,一般に有料公開されています。
 不二洞は川和自然公園の一角にあり,目の前には上野スカイブリッジと名付けられた高さ90m,長さ225mのつり橋があります。駐車場から不二洞までは結構標高差があるので,荷物は軽めにしておくことをお勧めします。
 案内板によると,不二洞は1200年ほど前に村人によって発見され,400年ほど前に藤原山吉祥寺の中興開山上人が洞穴を探検して全貌を明らかにし,修行の場として世に広めたと言うことです。そのせいか,洞内45箇所に仏にちなんだ名称が付けられています。不二洞は長さ2.2km で,関東では奥多摩町の日原鍾乳洞に次ぐ規模を誇ります。洞内の気温は,年間を通じて約10度に保たれ,夏は天然の冷蔵庫のような涼しさです。洞内での一番の見所は,出口付近にある五百羅漢の間でしょう。ここでは天井の高さが10m近くあり,見事な鍾乳石(左の写真)や石筍(右の写真),また石柱も見られます。



Back
Index
Next
Home