上 野 村 の 恐 竜 足 跡 化 石 と 漣 痕
The fossil dinosaurs footprint and ripple mark of the Cretaceous Sanchu "Graven"
in Kan-na-machi Town,Gunma Prefecture
  神流川沿いには地質の見所がいろいろあります。その一つが国道299号線沿いの「瀬林の恐竜の足跡化石と漣痕」の露頭です。見学地には駐車場と説明用の看板があり,また音声による解説も聞くことができます(すこしけたたましいですが)。露頭では,1)恐竜の足跡化石(上の写真)と,2)漣痕の堆積構造(上右の写真)が見学できます。1)ではくぼみの部分が恐竜の足跡,2)ではくぼみが足跡,さざなみのような模様が漣痕です。恐竜の足跡化石と漣痕が同時に観察できる露頭はめったにありませんから,群馬県や神流町の天然記念物に指定されているのも当然です。それどころか,国の天然記念物に指定されてもおかしくありません。ちなみに足跡化石は,昭和60(1985)年4月に「日
本で初めて恐竜の足跡化石の発見」として発表されました。
 山中地溝帯の瀬林層は陸成層で,地層からはいろんな恐竜化石が発見されているので有名です。1984年には肉食恐竜の椎骨が発見されて,サンチュウリュウと命名されました。また昨年(2007年)5月には草食恐竜の歯が同じく瀬林層から発見されています。
 山中地溝帯の地層はジュラ紀の秩父帯に不整合に重なっています。ジュラ紀に太平洋プレートが大陸プレートに潜り込むときに秩父帯を作る地層が大陸縁辺に付加します。その付加が進むと先行して付加された部分が押し上げられて波状に隆起します。その浅い沈降部に山中地溝帯白亜紀層が堆積したのでしょう。このような堆積が白亜紀の約4000万年間に渡って続いたのですが,堆積後には地殻変動の影響を強く受け,隆起して地上に現れて直立に近い傾斜となりました。その様子は右下の写真に示しました。これは,瀬林砂岩層の層理面に平行な方向から撮影したもので,地層が急傾斜していることが分かります。
 ここに露出している地層は山中地溝帯の瀬林層の砂岩です。山中地溝帯とは聞きなれない名称ですが,関東山地から長野県に分布している秩父帯に沿って,幅2-4km,長さ40kmに渡って北西-南東に地溝状に分布している地層です。地溝「状」と言ったのは厳密には地溝でないからですが,山中地溝帯には陸地から大陸棚辺りに堆積した白亜紀の地層が露出し,恐竜,シダ・ソテツなどの植物,汽水〜海生の二枚貝や巻貝,アンモナイト,ベレムナイト,サンゴなどの暖かい気候に栄えた化石を多産します。
 動物の足跡化石としては,恐竜のほかゾウが有名です。恐竜の足跡化石はめったに見つからないのですが,ゾウの方は時代も鮮新世-更新世と比較的新しく,やわらかい泥岩上面に印象として残されていることが多いので,各地の鮮新世-更新世の地層から発見されています。一度調べて見られると面白いのではないでしょうか。意外にもお近くの自然系博物館に展示されているかもしれません。 
<群馬県神流町>



Back
Index
Next
Home