岩 神 の 飛 石
A flying rock from the volcano named Iwagami-no-tobi-ishi
in Maebashi-shi City, Gunma Prefecture
 岩神(いわがみ)の飛石は,前橋市岩神町(現在は昭和町に所在)にある岩神稲荷神社の拝殿背後の巨石です(上2枚の写真)。ですから同神社のご本尊なのでしょう。巨石の前には詳しい解説があって,それによると周囲約60m,高さ9.65mで,地下には更に数mは埋れているとのことです。赤みを帯びた安山岩質の岩石で,チョッと目には凝灰角礫岩のように見えますが,群馬大の火山学者早川由紀夫氏によると,マグマのしぶきが火口の周囲に積み重なって出来た火山岩だそうです(右下の写真)。
 神社の周囲は前橋台地と呼ばれているフラットな地形で,今こそ周辺には建物が立ち並んでいますが,江戸時代には一面が畑,草地,あるいは雑木林であったことでしょう。そんな時代,遠目で忽然と地面から巨石が突き出ている様子を見た人たちが不思議に思い,ここに巨石がある理由が分からなかったので,きっと空を飛んできたのだろうと考えて,「岩神の飛石」と呼んだと言うことは容易に想像できます。
 勿論,この程度の大きさの石が空を飛ぶことは,大規模な火山爆発のときにはあり得ます。しかしここから最も近い赤城山や榛名山の火口ですら約20kmの彼方にあり,20kmもの距離を飛んできたとは,ちょっと考えにくいことです。 
 さて「岩神の飛石」がここにある理由は,解説によれば次のように説明されています。まず火口付近でマグマが固まり火山岩となります(一回目の堆積)。約10万年前の赤城山の山体崩壊によってここより約8km上流まで運ばれ(二回目の堆積),それが約2万年前の浅間山の山体崩壊による前橋泥流によって洗い出されてこの地に運搬されてきた(三回目の堆積),と言うものです。つまりここまでやってくるのに三回堆積したという考えです。これに対して早川由紀夫氏は,約2万4千年前の浅間山の山体崩壊によってここまで運ばれてきたと言う,二回説を展開しています。
 どちらが正しいのか私に判断できる材料は持ち合わせていません。しかし赤城山からにせよ浅間山からにせよ,目の前の10m近い巨石を見ると,このような巨石を20km以上も運搬する自然の力にはただただ驚くばかりです。
 <群馬県前橋市>



Back
Index
Next
Home