臥龍岩と昇龍岩(川原湯温泉の岩脈)
The Garyu-iwa and Shoryu-iwa rocks at Kawarayu
 Hot Spring in Naganohara-cho, Gunma Prefecture

<臥龍岩>

<昇龍岩>
<群馬県長野原町>
 関東地方の風景写真定番撮影地に草津白根山そばの渋峠があります。渋峠から湿地帯の芳ヶ平の紅葉を写すのがお決まりで,とっかえひっかえコンテストに入選しています。この渋峠に向かうには長野方面からと群馬方面からの二つのルートがありますが,関東方面からだと普通は群馬ルートをとります。群馬ルートでは,関越道を降りて渋川市から吾妻川に沿って草津温泉に向かうのですが,その途中に吾妻渓谷と言う景勝地があります。
 吾妻渓谷では吾妻川の侵食によって造られた断崖絶壁が続き,新緑や紅葉の季節は特に美しく,若山牧水や与謝野晶子などの著名な歌人がたびたび訪れたと言うことです。吾妻渓谷は第四紀火山である浅間山と榛名山の中間に位置しますが,渓谷に露出する岩石はもっと古い中新世末から鮮新世の安山岩溶岩や同質火砕堆積物で,吾妻層と呼ばれています。臥龍岩と昇龍岩はこの吾妻層にほぼ南北方向に貫入している岩脈です。
 臥龍岩と昇龍岩は川原温泉近くの吾妻川河床で見られます(上の写真)。臥龍岩(上流側)は幅約10m,昇龍岩(下流側)は幅約5mの輝石安山岩からなる岩脈で,岩脈が伸びる方向と垂直に柱状節理が発達しています。「臥龍」「昇龍」は岩脈の姿が龍の背中のように見えることにちなむ名称だと言うことですが,臥龍には「地に伏せる龍」,転じて「まだ世に現れていない才能」と言う意味があります。『三国志』のヒーローの一人,諸葛孔明が三顧の礼で劉備に迎えられる前に,周りの人々から「臥龍先生」と呼ばれていたのはこの意味です。
 臥龍岩からは約230万年前の放射年代が得られているので,鮮新世に貫入したと考えられます。昇龍の方は岩石がかなり変質しているのでもっと古い時期に貫入したと考えられていますが,吾妻層に貫入していることは間違いないので中新世後期よりも古くなることは無いでしょう。臥龍岩と昇龍岩はともに昭和9年 (1934年)に国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home