浅間山の鬼押し出し溶岩
Oni-oshidashi Lava from the volcano Mt.Asamayama,
Gunma Prefecture

<群馬県嬬恋村>
 浅間山は,東北日本弧と伊豆マリアナ弧の火山フロントが,鋭角的に会合するポイントに位置する活火山です。それが理由かどうかは分かりませんが,日本列島において最も活発に噴火を繰り返す火山の一つです。山体は安山岩質の溶岩と火砕物の互層からなる成層火山で,最高点は2568mで,1000m以上の標高では岩肌が剥き出しとなっています。歴史時代の大規模噴火としては,1108年(天元元年)と1783年(天明3年)が知られています。いずれも火山灰を噴煙(火山ガス)とともに放出するブルカノ式噴火です。ここで紹介する「鬼押し出し溶岩」は天明の噴火の際に噴出したものです。
 天明の噴火は次のような経過をたどりました。8月4日大爆発を起し,火口から噴出した高温高速の火砕流が,北麓へ広がりつつ流下しました。火砕流は森林の地面を埋めながら流下したので,地中には樹幹の焼け跡である垂直の空洞が多く残されました(→浅間山の溶岩樹型)。この火砕流は吾妻火砕流と呼ばれています。
 翌日の5日午前10時頃に再び大爆発を起し,今度は火口から高温の火山岩塊が放出されました。岩塊は径数10mに達する巨大なものもあり,大小の岩塊は,岩屑なだれとなって北麓斜面を一気に流れ,多くの村落をなぎ倒し,さらに吾妻川をせき止めました。堰き止め湖はやがて決壊し,下流側に大洪水を引き起こしました。この時の死者は約1200名と言われています。
 そして噴火末期に流出したのが鬼押し出し溶岩でした。溶岩の体積は約1.7億立方mと推定され,末端部の厚さは50m以上に達しました。溶岩はんらん石を含む輝石安山岩です。
 浅間山は現在でも活発に活動しているので,気象庁などによって常時観測体制がとられています。こうした観測の開始は明治時代から始まっています。浅間火山が最も活動的なことが,逆に火山活動や火山物理学の基礎研究や進展に寄与する格好のフィールドとなっているのです。
 火山とは言え,初冬,浅間山が冠雪した山容は,たとえようのないほど美しいものです(下の写真,12月上旬撮影)。

<群馬県嬬恋村>



Back
Index
Next
Home