浅間山の溶岩樹型(じゅけい)
Lava tree mold in the Azuma Pyroclastic Flow Deposit
from the volcano Mt.Asamayama, Gunma Prefecture
 <群馬県嬬恋村>
 固まった溶岩の中に保存されている樹幹や枝の跡(型)を溶岩樹型(lava tree mold)と言います。森林に高温の溶岩が流れ込んで樹幹が熱で焼失したり,埋まった樹幹が腐ったりして出来ます。粘り気の少ない玄武岩溶岩や安山岩溶岩でよく見られる現象ですが,粘り気の強いデイサイト〜流紋岩の溶岩でもときどき見られます。富士山山麓の鳴沢溶岩樹型(特別天然記念物)は玄武岩溶岩によって生じた典型例です。
 特別天然記念物に指定されている浅間山の溶岩樹型は,溶岩ではなく火砕流によって形成されたことが大きな特徴です。この火砕流は,天明3年(1783年)の大爆発の際に噴出した吾妻火砕流(詳しくは「浅間山の鬼押し出し溶岩」を見てください)で,火山北麓の森林帯を瞬時になぎ倒し焼き尽くしました。しかし当時のすさまじい様相は,いまでは溶岩樹型としてわずかに残されているだけです。溶岩樹型は,大きいもので直径80cm〜120cm,深さが3〜7mに達しています。
 浅間山の溶岩樹型は,1940年(昭和15年)天然記念物の指定を受け,更に1952年(昭和27年)には特別天然記念物の指定を受けました。


Back
Index
Next
Home