名 草 の 巨 石 群
The giant stone of Nagusa in Ashikaga City, Tochigi Prefecture
<栃木県足利市>
 足利市の市街地から約10km北方山中に「名草の巨石群」と呼ばれる天然記念物があります。地質図を見ると,その場所には足尾帯中生界を貫く花崗閃緑岩直径1kmほどの範囲で露出しています。足利花崗岩と呼ばれる小さな孤立した花崗岩体で,放射年代は約8500万年前の白亜紀後期を示しています。
 この巨石群は,地質学的には次のような過程で出来たと考えられます。@白亜紀後期に花崗岩質マグマが地下の中生界に貫入し,ゆっくりと冷却固化し岩体となった。Aその後,長年の地殻変動によって岩体は中生界とともに隆起し,周囲の中生界が侵食されると地表に露出した。B地表に露出すると,固化したときや変形したときに生じた割れ目である方状節理が長年の風化によってさらに拡大し,やがて岩体はバラバラになって巨大な礫(巨石)となって山地に点在するようになった,と言うものです。しかし,「巨石群」と言う名称から,「環状列石(ストーンサークル)」のような巨石モニュメントの可能性も排除できませんので,地質と古代文化の二つのイメージを抱きながら現地を訪れました。
 現地に着くと,駐車場があって,その脇には「厳島神社」の鳥居があります。鳥居をくぐり抜けると急坂が約600m続き,やがて厳島神社(無人)にたどり着きます。境内には「弁慶の瓶割石」や「胎内くぐり石」などがあり,本殿そのものも巨石の上に鎮座しています。この巨石は神様がお座りになる磐座(いわくら)なのでしょう。巨石群はもう一つ神社の上手(奥)にもあります。たどり着くには手入れの行き届いた杉林の谷間を登って行きますが,下の駐車場から通じる道路もあり,車でもやってこられます。奥の巨石群は二箇所あって,それぞれ巨石群の間には「石割楓」が根を生やしています。
 さて「巨石群」全体を見た印象では,やはり人間の手が一部加わっているのではないかと言う印象を受けました。神社本殿が載っている磐座や胎内くぐりの巨石は,その大きさや谷間の一番低い所にあることからみて多分,元々そこにあった巨石を利用したのでしょう。一方,弁慶の瓶割石や奥の巨石群(の一部)は近場に散在していた巨石を人々がそこまで運んできたものと思われます。大きさから見てそれは可能だと思います。特に奥の巨石群の集積は,風化して巨石となった後,クリープによる移動や水流による運搬によって今のように堆積したとは考えにくく,やはり人間の手によって積み重ねられたものと考えざるを得ません。どのような宗教的動機があって巨石を集積したのか良く分かりませんが,石割楓はその時に植えられたのでしょうから,いつごろ集積されたかは楓の樹齢から分かるのではないでしょうか? もっとも「弁慶の瓶割石」の割れ口は,人間の手によるものではなく,節理面だと思います。似たような割れ口はあちこちの花崗岩巨石で見ることが出来ますから。名草の巨石群は,花崗岩の典型的な風化例であることを理由に,昭和14年(1939)に天然記念物に指定されました。


Back
Index
Next
Home