建 築 石 材 の 大 谷 石
Neogene building stone named Ooya-ishi, Tochigi Prefecture

<大谷寺>

 <大谷石資料館の地下空間>
 大谷(おおや)石は宇都宮市大谷町一帯で採石された軽石凝灰岩の石材名です。建築用(特に壁石)石材の代表的な銘柄で,見た目が優しく,軟らかいので加工しやすく,おまけに耐火性にも耐震性にも優れています。ただ軽石は変質して粘土化が進むと褐色となり(「みそ」と言うそうです),もっと風化が進むと欠落して地層に大小の穴(みそ跡)ができてしまい,左の写真のような状態になります。採石は露天掘りがほとんどなのですが,巨大な地下採掘場もあり,これは大谷石資料館に行けば右の写真のように見学できます。
 大谷石が採石される軽石凝灰岩は新第三紀の大谷層に属しています。厚さは200m以上もあり,ごく緩く東に傾いており,面積は100km2以上あるとのことです。凝灰岩は流紋岩〜デイサイト質の軽石と同質の火山灰〜火山礫から出来ているのですが,変質すると緑色となるので「緑色凝灰岩」とか「グリーンタフ」と呼ばれます。「グリーンタフ」は新第三紀の初めの約2000万年前に東北日本から日本海にかけて広く厚く堆積した海底火山噴出物です。いまでは建築石材として貴重な地質資源となっています。


Back
Index
Next
Home