尾 瀬 ヶ 原 と 尾 瀬 沼
Oze-ga-hara (Oze moor) and Oze-numa (Oze swamp) in Katashina-mura (Katashina village),
Gunma Prefecture, in Hinoemata-mura (Hinoemata village), Fukushima Prefectures,
and in Uonuma-shi (Uonuma city), Niigata Prefecture

<ミズバショウ咲く春の尾瀬ヶ原>

<ニッコウキスゲ咲く初夏の尾瀬沼>
 尾瀬は,群馬県・福島県・新潟県にまたがる湿原・湖沼地帯で,西の尾瀬ヶ原と,東南の尾瀬沼に分かれています。尾瀬ヶ原は標高
約1400mの高地にある本州最大の湿原で,四方を山地に囲まれた盆地に形成されています。東の燧ヶ岳は活火山であり,西の至仏
山には二畳紀の蛇紋岩が露出しています。尾瀬ヶ原のほとんどは高層湿原となっており,一部は笹に覆われています。湿原には幾筋
もの蛇行河川が発達し,川岸には拠水林が,湿原には大小の池塘がみられます。

<蛇行河川>

<拠水林>
 尾瀬沼は燧ヶ岳の南にあり,深さは8~9mです。尾瀬沼の周辺を歩くと,周辺山地から供給された土砂や生産された泥炭が,沼地を埋めつつあることが分かります。尾瀬沼の方が尾瀬ヶ原より標高が高く,尾瀬ヶ原へは尾瀬沼から流れ出る沼尻(ぬしり)川に沿って相当の距離を歩くことになります。沼尻川は尾瀬ヶ原から流れ出すヨッピ川と合流して只見川となり,北へと流れていきます。尾瀬ではミズバショウ,ヒツジグサ,リュウキンカ,ニッコウキスゲなどの草花や,朝夕の幻想的な霧の光景が私たちの目を楽しませてくれます。尾瀬には私たちを引きつける,つきぬ魅力があるのです。
 ところで尾瀬そのものはどうしてできたのでしょうか。いろんな本やHPで,尾瀬がいつごろどうして出来たのかを調べてみました。その結果,いずれも約8000年前(完新世初期=縄文時代早期)に発生した燧ヶ岳の岩屑なだれによる沼尻川や只見川の堰き止めによるらしい事が分かりました。最近頻繁にテレビなどで目にする地震による堰止湖形成と同じような現象が,燧ヶ岳の山体崩壊によって生じ,今日の尾瀬をつくったと言うことです。
 結論を先に書いてしまいましたが,尾瀬の成立過程を簡単にまとめてみると次のようになるでしょう。
 @群馬大の早川由紀夫氏によると,確認できる最古の燧ヶ岳の噴火は今から約35万年前です。その後,約10万年前と約1万9000年前にも噴火し,約8000年前には燧ヶ岳西斜面で山体崩壊による岩屑なだれが発生し,沼尻川を堰き止めました。尾瀬沼はこの時にできた堰き止め湖と考えられています。
 A尾瀬ヶ原では,地質ボーリング掘削など,2度の学術調査が行われています。その結果,地下には湖を埋積した時に堆積するような均質な厚い泥炭層は堆積しておらず,尾瀬ヶ原をつくった泥炭層の下位には,砂や礫からなる地層やもっと古い泥炭層が幾層も重なっていることが分かりました。そして,尾瀬ヶ原泥炭層に挟まれる火山灰層や放射年代測定から,今の尾瀬ヶ原の形成は今からおよそ8000年前に始まったことも分かり,その結果,尾瀬ヶ原は後背湿地や沼沢地などが埋め立てられてできた湿原であるとの見解が述べられました。
 B8000年前と言えば燧ヶ岳の西斜面で岩屑なだれが発生した時期です。この岩屑なだれによって尾瀬ヶ原の出口も堰き止められたのでしょう。ただし尾瀬沼のような深い堰止湖ではなく,その当時の尾瀬ヶ原に広がっていた後背湿地や沼沢地を少し上回る程度の浅い沼のようになり,それが次第に周辺からの土砂や泥炭の堆積によって埋め立てられ,低層湿原からやがて今の高層湿原へと変化していったのでしょう。ただし今の尾瀬ヶ原を構成する泥炭層の下位に,もっと古い泥炭層が何層も堆積していますから,尾瀬ヶ原が湿原状態になったのは,
8000年前よりずっと前からと言うことになります。
 だいぶ長くなりましたが,尾瀬沼も尾瀬ヶ原も結局は燧ヶ岳の山体崩壊による岩屑なだれによって形成されたと言うことです。岩屑な
だれは磐梯山,鳥海山,八ヶ岳などの活火山でも起こっており,多くの風景写真の被写体を生み出していることになります。尾瀬は,
昭和9年(1934)に日光とともに日光国立公園に指定されました。昭和28年(1953)年には日光国立公園特別保護地区に,昭和31年
(1956)には国の天然記念物(天然保護区域)に,昭和35年(1960)には更に特別天然記念物に指定されています。そして長年の運動が
実って,昨年の平成19年(2007)年には会津駒ケ岳などを編入し,独立して尾瀬国立公園となりました。

写真は<群馬県片品村,福島県桧枝岐村,新潟県魚沼市>

<ヒツジグサ咲く夏の地塘>

<晩夏の上田代>



Back
Index
Next
Home