吹割の滝と吹割渓谷
Fukiware-no-taki (Fukiware Falls) and Fukiware Valley in Numata City, Gunma Prefecture
<群馬県沼田市(旧利根村)>
 吹割(ふきわれ)の滝は以前,NHKの大河ドラマの冒頭シーンの映像として使われたことがあります。ナイアガラの滝のような白い布状瀑布を見て,最初は外国の滝だろうと思ったほどでしたが,それが吹割の滝でした。この滝は数年前,撮影会のついでに立ち寄っただけで,その時には十分に撮影できませんでした。今回は,地質百景の取材だったので,滝の撮影のみならず,周りの地層を含めてじっくりと観察することが出来ました。
 上左の写真は対岸の観瀑台から撮影した吹割の滝の全景ですが,写真を見ると,滝はある方向の深い溝に形成されていることが分かります。上右の写真は,片品川におりて瀑布に近づいて撮影しました。残念ながらこの日は水量が少なく,滝としてあまり迫力がありませんでした。そこで滝の遠近感が出るように,手前の岩を広めに構図に入れています。シャッター速度もいろいろ変えて撮影したのですが,やはり白いカーテンのようなとらえ方がベストでした。
 吹割の滝は,国の天然記念物に指定されている,数少ない滝です(昭和11年(1936) 12月16日指定)。
滝の形としては珍しく,滝の分類として良く用いられる直瀑,段瀑,分岐瀑,渓流瀑,潜流瀑のいずれにも当てはまりません。 天然記念物に指定されたのは滝としての成因が珍しく,規模も雄大で景観もみごとであることが,指定の理由だったのでしょうか。
 それはさておき,吹割の滝から少し下って吹割渓谷にやってくると,この付近の地質の様子が良く分かります(右の写真)。渓谷に露出している地層は,約740万年前に今の片品川流域に発生した大規模な陥没カルデラを埋積した火砕流堆積物であり,岩石はデイサイト‐流紋岩質の凝灰角礫岩や(ほとんど溶結した)火山礫凝灰岩から形成されていることが分かっています。
 渓谷の地層は右の写真に示すようにほぼ水平に重なっており,吹割の滝とほぼ平行な断層が何本か走っています。吹割の滝は,片品川の割れ目に沿ってできたと説明されていますが,このような断層が発達していることから,断層に沿って形成された滝であると解釈することは可能でしょう。さらに下って行くと,鱒飛の滝にやってきます(右の写真)。この滝は,水量も豊富で豪快です。二つの滝は歩きやすい遊歩道によって結ばれているので,あわせて見学されることをお勧めします。



Back
Index
Next
Home