南 牧 村 の 蝉 の 渓 谷 と 線 ヶ 滝

Semino-kei-koku Gorge and Sen-ga-taki Fall in Nan-moku Village, Gun-ma Prefecture
< 群 馬 県 南 牧 村 >
 「蝉の渓谷」と「線ヶ滝」は,テレビ番組「水百景」で初めて知り,その美しい姿に強い印象を受け,ぜひ現地を訪問したいと思いました。現地には紅葉の時期の11月に訪れました。まず訪れたのは「線ヶ滝」です(上右の写真)。この辺りは厚いチャートの岩盤から構成されています。道路脇の説明板によると,この滝は東西方向に走る断層に沿って形成されたそうです。断層とは地震によって形成された岩盤のずれのことです。断層を境にして左右の岩盤がずれたわけですから,境界部分は破砕され柔らかくなっています。写真で言えば滝の黒い部分です。このような部分を破砕帯と呼んでおり,水に侵食されやすい部分です。線ヶ滝は何万年もかかってこの破砕帯を侵食し,現在では約40mの高さになったと言うわけです。瀑布が線状になっているのは,破砕帯が線のように細いからです。
 さて説明板の横からは,滝に下る遊歩道があります。遊歩道を下るとやがて見晴台に達し,見晴台には滝壺に降りる鉄梯子が設置されています。オッカナビックリ滝壺に降り,下から滝を見上げると白い線状の滝はなかなか迫力がありました。しかし広角レンズで見上げると上スボマリとなって,迫力が消えてしまいます。やはり見晴台から撮影した方が良いようです(上右の写真)。地元の人に聞くと「この滝は5月頃の新緑や,アカヤシオツツジの咲く5月が見学にはベスト」とのことでした。線ヶ滝は平成20年に群馬県の天然記念物(名勝の部)に指定されています。
 「蝉の渓谷」は県道93号沿いにあります(上左の写真)。ここも厚いチャートを下削侵食して形成されたものですが,蝉の渓谷のようにチャートを削ってできた渓谷は珍しいと言えます。ただし,地形から見ると「渓谷」ではなく「峡谷(ゴルジ)」です。また規模から言えば「峡谷」と言うよりも「溝(トレンチ)」といった方が良いでしょう。同じチャートを削ったものとして,岐阜県の飛水峡がありますが,こちらの方は文字通り「峡谷」と呼ぶのにふさわしい規模を持っています。
 この地域のチャートは西南日本外帯に属する秩父帯の一員であり,ジュラ紀の泥岩や砂岩に取り込まれたリストリスです。秩父帯は,ジュラ紀にユーラシアプレートの大陸縁辺部に付加された堆積物であると理解されています。「蝉の渓谷」も平成20年に群馬県の天然記念物(名勝の部)に指定されています。



Back
Index
Next
Home