赤城‐鹿沼軽石層
姶良丹沢火山

星 野 遺 跡 地 層 た ん け ん 館
 The Old Stone Age Remains in the Kanto Roam Beds
at Hoshino in Tochigi City, Tochigi Prefecture

<栃木県栃木市>
 
 「星野遺跡地層たんけん館」は,旧石器時代の人類遺跡と関東ローム層の見学
施設です(上の写真)。施設は,栃木市市街地から約20km離れた田舎にあり,ほと
んど知られていない存在です。実際,私もそばの自動車道を何十回も走りながら,
その存在を知ったのはつい最近でした。知ったのは偶然で,関東ローム層の露頭
写真を本で眼にし,その写真が「星野遺跡地層たんけん館」で撮影したものであり,
調べてみるとその施設は,いつも鹿沼市粟野方面に向かう途上にある事を知った
次第です。「たんけん館」とあるので,入場料を取られるほど立派な施設なのかとの
印象があり,いやいつも走っているあの場所の雰囲気からして,入場料を取るほど
の施設ではなく,多分崖を掘った露頭断面に屋根がある程度のものではないか,と
行く前は想像しました。
 「たんけん館」へは,東北自動車道栃木インター下車,そのまま北西方向に道を
とります。国道293号線との交差点を通過して約8km走ると,右手に「たんけん館」の
案内板があります。あとは道なりに進み小さな案内板がある所を入り,しばらくすす
むと「たんけん館」に到着します。建物は意外と立派で,中に入ると,地層断面は
光透過型スクリーン屋根で覆われ、室内は美術館やギャラリーのような立派で瀟洒
なデザインだったので驚きました(下の写真)。後で調べると,この施設は東京のデ
ザイン会社に設計を依頼したと言うことです。
 「たんけん館」は山際の台地にあり,この台地は関東ローム層によって覆われて
います。関東ローム層は更新世中期末以降,富士山や箱根火山,浅間山などから
飛来した火山灰などが台地に何層も重なったものです。地面に深い溝を掘って調
べる調査(トレンチ調査と言います)によって,この台地では,厚さ10mの関東ロー
ム層が堆積していることが分かりました。
 人類遺跡を発掘するきっかけとなったのは,ローム層からの旧石器の発見です。
その後,昭和42年から昭和53年まで3回の発掘が行われ,旧石器時代の13の文
化層(人間生活を確認できる層) と縄文時代の地層が確認されました。文化層から
は8万年前の石器も出土し,動物の足跡や住居跡も確認されました。平成10年に
は一番古い文化層が確認された深さ約10mまでの地層断面を改めて整備し,「星
野遺跡地層たんけん館」として公開したとのことです。
 ところで文化層が何年前のものとどうして分かるのでしょうか? 説明パネルには,
この台地の関東ローム層の地質柱状図が示されています(右の写真)。地質柱状図
とは,その場所の地層の重なっている順序(層序と言います)を示した図です。下の
地層が古く,上の地層が新しいことになります。柱状図の左には広域火山灰など
が,右には確認された文化層が並べられています。広域火山灰とは文字通り広い
範囲に降灰をもたらした火山灰を指します。例えば,2万5千年前に九州桜島付近
にあった姶良カルデラから噴出した火山灰は,北海道まで達したことが分かってい
ます。姶良火山灰はこの台地にも降っており,地質柱状図には姶良丹沢火山灰と
して第4文化層直上に示されています。ですから第4文化層は約2万5千年前のも
のと分かります。同じように,年代の分かっている火山灰層が,この柱状図に多数示
されており,それらの層準と文化層の層準を照らし合わせることによって,すべての
文化層の年代が判明すると言うわけです。
 火山灰の年代は放射性元素を用いた測定法や,フィッショントラック年代測定法と言って,放射性壊変時にジルコン結晶に付けられた傷(トラック)を数える方法によって測定します。離れた地層に挟まれる火山灰が同一のものであるかどうかは,火山灰のいろんな特徴を比べて認定します。例えば,火山ガラスの屈折率や化学組成などです。こうした着実な研究によって,今では日本列島に分布している広域火山灰が多数発見され,旧石器時代から縄文時代の歴史が明らかにされつつあります。
 「星野遺跡地層たんけん館」は,関東ローム層の層序と旧石器時代〜縄文時代の文化層の関係,また旧石器そのものを学習する最適の施設です。ぜひ見学することをお勧めします。



Back
Index
Next
Home