駒 止 湿 原
Komado-shitsugen (Komado moor) in Showa-mura (Showa village)
and in Minami-aizu-machi (Minami-aizu Town), Fukushima Prefecture
 関東一円に分布する湿原の中で,駒止(こまど)湿原は尾瀬と並ぶ風景写真の撮影地として有名です。標高1100mの高地にありながら入り口まで車でやって来られること,適当な規模を持って変化に富んでいること,春から秋にかけてミズバショウ・ワタスゲ・レンゲツツジ・ニッコウキスゲなどが咲き乱れることが人気のある理由でしょうか。とは言え,なんと言っても人気の理由は初夏のワタスゲでしょう。関西人の私はそのことを知らないまま写真クラブの撮影会に参加したのですが,夜がしらじらと明けはじめると,湿原一面に綿帽子のようなワタスゲが密生している光景を目のあたりにし,その美しさに感激したことを覚えています(上左の写真)。関西では絶対に見られない光景です。
 それから毎年1回はワタスゲのピークを見計らって出かけるのですが,霧や光芒に恵まれたときにはワタスゲがハズレ,ワタスゲが大当たりの年は霧も光芒も出ず,と言う具合です。理想的にはワタスゲが大当たりの年に,夜明け頃に霧がただよい,太陽があがると林間から光芒が湿原にさしてワタスゲやレンゲツツジを照らすような作品を撮れれば言うこと無しです。
 駒止湿原は駐車場側から,大谷地,白樺谷地,水無谷地の三つの湿原地からなり,湿原には木道が設置されています。私自身,駒止湿原にはワタスゲのシーズンしか訪れてはいないのですが,歩いた限りでは一番奥の水無谷地が一番お勧めの撮影ポイントです。ここはワタスゲや

<福島県昭和村,南会津町>
レンゲツツジがバランスよく咲いており,構図も作りやすいと思います(上右の写真)。また東側にも開けており,逆光での撮影も可能です。
 駒止湿原については駒止湿原保存方策検討委員会によって最近多くの地質ボーリングの掘削が行われ,その形成過程や湿原一帯の植生の変遷が分かりました。それによると駒止湿原が湿地化したのは約4万年前からですが,現在の林相の湿原の形成が始まったのは1.24万年前からと言うことです。
 湿原一帯の林相はブナやコナラによって覆われていたのですが,戦後,開拓農家が入植し,ブナ林を伐採したそうです。さらに農地の水が湿原に流れ込み,湿原維持に悪影響を与えるようになって,保護運動と対立しました。農地は1998年ごろまで使われたのですが,地元自治体が2000年までにはすべてを買い上げ,公有地としました。その大部分が天然記念物の追加指定を受け,湿原保護が大きく前進したとのことです。今,地元ボランティアによってブナ林の復元が図られています。
 駒止湿原は,低層,中間(中層),高層の三つタイプの湿原がそろっており,450種以上の植物も生育している点が高く評価され,昭和45年(1970)に国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home