下 郷 の 塔 の へ つ り
To-no-hetsuri - a natural lane in the cliff along the Agagawa River
 in Shimogo-cho, Fukushima Prefecture
 「塔のへつり」の「へつり」とは「絶壁や川岸に沿って付けられた険阻な路」を意味します。しかし「塔のへつり」は人間が作った路ではなく,河川作用によって出来た侵食地形です(上の二枚の写真)。日本海に注ぎ込む阿賀野川支流の阿賀川(または大川)沿にあって,昭和18年(1943)に天然記念物に指定されています。「塔のへつり」には,広い駐車場だけでなく立派な土産店やレストランもあり,観光資源として地元に貢献しています。これまでたくさんの天然記念物の取材や見学を行ってきましたが,地元に対しこれほど活用されている例はあまりありません。
 「塔のへつり」を作る地層は「塔のへつり層」に属しており,今から約130万年年前の第四紀前半(=更新世前期)に堆積した地層です。「塔のへつり層」はいろいろな種類の地層から出来ているのですが,「へつり」の崖はデイサイト質の,凝灰角礫岩,火山礫凝灰岩,凝灰岩が繰り返し重なっています(右の写真)。写真をみると分かるのですが,出っ張っている部分は凝灰角礫岩から,窪んでいる部分は凝灰岩や火山礫凝灰岩から出来ています。凝灰角礫岩は火山岩などの大きな角礫を多量に含んでいるので硬く,侵食に強い地層です。凝灰岩や火山礫凝灰岩は粒が細かくて柔らかく,侵食されやすい地層です。ですから阿賀川の側方侵食を同じように被ったのですが,柔らかい凝灰岩や火山礫凝灰岩だけが大きく削られたのです。このような地層や岩石の硬軟の違いによって侵食される程度が異なり,それを反映した侵食地形が生じることを差別侵食と呼んでいます。ただしそれだけでは「へつり」は出来ません。ここではたまたま地層がほとんど水平なので,侵食された部分がまるで路のようになったのです。
 ところで「へつり」は今の川面から5〜6mの高さにあります。どうしてこの高さになったのか,考えられる理由は二つあります。一つは,洪水のときに川の水位が上昇して側方侵食されたとする考えです。しかしこの考えは可能性が低いでしょう。なぜなら写真をみると分かるのですが,今の水位にも「へつり」が形成されているからです。洪水による水位上昇といっても長くて数日間でしょうから,「へつり」ができるほど繰り返し洪水が起こったとは考えにくい話です。もう一つは,「へつり」が出来たときにはそこに川の水位があり,そのあと何らかの理由で今の高さになったとする考えです。これは,阿賀川の河川作用が側方侵食から下刻侵食に回春したとする考えです。回春した理由としては,地震による土地の隆起,海面(この場合は日本海)の低下,あるいは両者の相乗作用,更には,何らかの理由によって阿賀川に大きな流路変更が生じたためなど,いろいろな理由が考えられます。つまり侵食基準面の低下が起こったと考えるのです。
 結局,ここの「へつり」が険阻な路のような形となったのは,@地層が水平に露出している,Aたまたま硬軟互層であって柔らかい部分だけが侵食された,B何らかの理由で阿賀川の回春が生じ,側方侵食から下刻侵食への転換が生じた,以上の三つの条件が偶然に重なったことによるものでしょう。なお凝灰岩には平行葉理が発達しています(右下の写真)。これは凝灰岩を構成する砕屑物が水流によって運搬された証拠です。この凝灰岩はいったん地面に堆積した火砕物が水によって再度下流に運ばれて堆積した地層と言うことになります。このような現象を再堆積と呼んでいます。ですから平行葉理のような堆積構造は,その当時の堆積環境を考える上で重要な資料となるのです。


<福島県下郷町>



Back
Index
Next
Home