鹿 島 神 社 の ペ グ マ タ イ ト 岩 脈
The pegmatite dike at Kashima-Jingu (Kashima Shrine) in Koriyama-shi (Koriyama City),
Fukushima Prefecture

ペグマタイト岩脈

石英からなるペグマタイト(PLフィルター径は77mm)
<福島県郡山市> 
 花崗岩のような深成岩組織は,完全な結晶集合体から出来ており,これを完晶質と呼びます。深成岩の場合,鉱物の大きさは,一粒一粒が肉眼で見分けられる程度の大きさなのですが,それよりもはるかに大きく数cmから数10cmにも達するような鉱物の集合体からなる半深成岩をペグマタイトと呼んでいます。ペグマタイトは一般には花崗岩ペグマタイトを指しているのですが,花崗岩を含む深成岩の岩脈や鉱床を胚胎する鉱脈では,しばしば巨晶ペグマタイトが観察でき,そこにはいろんな鉱物の美しい結晶が見られます。ですから鉱物愛好家のあいだでは,ペグマタイトは鉱物の結晶探しのターゲットになっています。
 ここ郡山市の西田町にある鹿島神社には,天然記念物に指定されている花崗岩ペグマタイトの岩脈が神社本殿脇に露出しています(左上の写真)。福島県の太平洋側にある阿武隈山地には,今から8,500万年前〜1億2000万年前に固化した阿武隈花崗岩と呼ばれる白亜紀花崗岩が広く露出していますが,ここの花崗岩ペグマタイトは阿武隈花崗岩に属する黒雲母花崗岩の貫入によって形成されたもので,幅14m,長さ40mの巨大な岩脈です。そのほとんどは,石英の巨大な結晶から構成されています(上右の写真)。このような巨大で立派なペグマタイト岩脈はなかなか見ることはできませんから,一見の価値はあります。
 鹿島神社のペグマタイト岩脈は,昭和41年(1966)に国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home