磐 梯 山 の 爆 裂 火 口 と 見 彌 の 大 石
Explosion crator of the volcano Mt.Bandaisan, and a giant rock named Mine-no-Oishi,
Fukushima Prefecture

<福島県北塩原村>
 磐梯山は東日本火山帯に属している安山岩質の活火山です。その特徴はなんと言っても裏磐梯から眺められる馬蹄形のカルデラ地形です(左の写真)。このような地形はどうして出来たのでしょうか?
 磐梯山の形成は約30万年前から始まったとされ,大規模な噴火や山体崩壊を繰り返してきました。記録に残る爆発としては806年(大同元年)と1888年(明治21年)の二回があります。特に1888年の大爆発は「磐梯火山の山体崩壊」として史上有名で,大規模な山体崩壊を引き起こし,爆発型の馬蹄形カルデラを形成しました。その爆発はたった二日間のものでした。
 磐梯山の大爆発は,わずかな前兆地震の後,突然やってきました。1888年7月15日朝7時45分,突然,小磐梯が大爆発を起し,以後,爆発は断続的に発生し,磐梯山北部の山体が崩壊しました。崩壊した
山頂部には馬蹄形の爆裂火口が形成され,崩壊した山体は岩屑なだれとなって,あっという間に北の山麓に押し寄せ,多くの流れ山(ながれやま)地形を残しました。流下した岩屑なだれの末端は河川水と入り混じって土石流となって渓谷に達し,長瀬川をせき止め,檜原湖,小野川湖,五色沼などの湖沼を生み出しました。
 この大爆発は新しいマグマ物質を含まない典型的な水蒸気爆発でした。爆発は翌15日夕方には終り辺りは再び静穏となりました。爆発による岩屑の移動は12億立方mに達したと計算されています。死者行方不明者には諸説ありますが,477名と言われています。
 たった二日間の爆発で,辺りの景色はすっかり変わりました。多数の村人が犠牲になった痛ましい災害ですが,この火山爆発が生み出した美しい湖沼群の景観は今では貴重な観光資源となっています。裏磐梯は風景写真のメッカとなっていますが,今われわれが目にする美しい被写体の多くは,130年前の痛ましい犠牲の上に成り立っていることを忘れたくないものです。
 一方,反対側の磐梯火山南麓には,見彌(みね)の大石と呼ばれる輝石安山岩からなる巨石があります(下左の写真)。この巨石は大爆発の際,火山泥流によって,山頂部から猪苗代湖北部の磐梯山のふもとまで,約5kmの距離を運ばれたと言われています。現在露出しているのはその半分程度ですが,大きさは,長さが9.4m,幅が6.1m,高さは3.0mです。下右の写真はクリンカーと呼ばれる部分で,マグマが固まった時に溶岩上部が角礫状になった部分です。見彌の大石は,火山泥流がこのような大石を運んだ貴重な資料として,昭和16年(1941)に天然記念物に指定されました。
<福島県猪苗代町>



Back
Index
Next
Home