日 本 海 に 流 れ 込 ん だ 鳥 海 山 溶 岩 流
The lavaflows that were derived from the volcano Mt.Chokaisan and flowed into the Sea of Japan,
Akita and Yamagata Prefectures 
 
 鳥海山は,東北地方で唯一日本海に面する活火山で,尾瀬の燧ヶ岳(これも活火山)に次いで東北で二番目の高峰 (標高2,236m)です。富士山タイプの成層火山で,独立峰としての美しさから,山形県では出羽富士(左の写真)と,秋田県では秋田富士とも呼ばれています。歴史時代にも繰り返し噴火し,最近では1974年に水蒸気爆発を起し,小規模な泥流を発生させました。また紀元前466年には大規模な山体崩壊を起こし,山頂付近に馬蹄形カルデラを形成し,その時に発生した岩屑なだれは北西に流下し,象潟から日本海に達しました。今,北から鳥海火山を遠望すると山頂が大きくえぐられたカルデラがはっきりと見え,麓には岩屑なだれの傷あとである流れ山が数多く残されています(→鳥海山冬師湿原の流れ山象潟の九十九島)。
 鳥海山は約50万年に火山活動を開始しました。繰り返す火山噴火は安山岩溶岩の噴出が主で,火口から西に向かった溶岩流のあるものは日本海沿岸まで達し,海中にも流れ込みました。山形・秋田県境近くの国道7号線を走ると,海岸沿いに高さ数10mに達する断崖が続いているのに気がつきます(右下の写真)。南の庄内平野や北の象潟付近の低平な地形とは対照的です。この辺りが,鳥海山からの溶岩流が,日本海に流れ込んだ場所に当たります。流れ込んだ典型的な場所は美しい
自然景観を作っており,遊佐町の十六羅漢岩(上の写真)やにかほ市のみさき公園(上右の写真)などは観光スポットとなっています。十六羅漢岩と三崎公園でみられるのはいずれも安山岩溶岩ですが,羅漢岩の方が三崎公園より古い溶岩です。噴出年代の詳細は良く分かりませんが,10数万年前から数万年前の間と見られています。
 ところで十六羅漢岩と言う呼び名ですが,案内板によると,幕末の元治元年(1864)から明治元年(1868)にかけて溶岩に彫刻された羅漢像に由来します。それを発願し完成までこぎつけたのは,吹浦海禅寺の第21代住職石川寛海和尚です。当時の吹浦は漁村で,たびたび荒波に漁師の命が失われ,心を痛めた和尚は遭難した漁師たちの供養と海上の安全を願い,また衆生救済のためにも,托鉢によって資金をあおぎ,羅漢像を完成したと言うことです。いま風に言えばボランティア活動と言うのでしょうが,100年以上を経た今でも,その遺徳がたたえられているのは,無私の行為であったからこそでしょう。
 十六羅漢岩や三崎公園の波打ち際では,冬になると「浪の花」が見られるそうです。また夕景スポットでもあります。しかし作品づくりなるとなかなか難しそうで,むしろ十六羅漢岩の北にある女鹿付近の方が岩礁の形が変化に富む上,海辺まで降りられるので良さそうです(右の写真)。              秋田・山形の県境



Back
Index
Next
Home