象 潟 の 九 十 九 島 
The hummocky hills named Tsukumo-Jima (ninety-nine iseland)
in Kisagata, Akita Prefecture

 <秋田県にかほ市>
 鳥海山北西の象潟(きさがた)には冬師湿原同様に流れ山地形が発達しており,九十九島(つくもじま)と呼ばれています。象潟海岸に建つ道の駅「象潟ねむの丘」や,仁賀保高原に向かう途上にある桂坂の展望台から,その景観を良く観察できます。
 象潟一帯は元々ごく浅い海でしたが,紀元前466年の象潟岩屑なだれによって,火砕堆積物が流れ込み,流れ山があちこちに顔を出す潟湖(古象潟湖と呼びます)になりました。古象潟湖にはやがて砂州ができ,ちこちに小島が点在する汽水湖になりました。古象潟湖は,仙台の松島と並び称される海の景勝地となり,西行法師などの文人墨客が訪れています。元禄2年(1689)8月にここを訪れた松尾芭蕉は,「松島は笑ふが如く、象潟はうらむがごとし。寂しさに悲しみをくはえて、地勢魂をなやますに似たり 」と嘆じ,  

「象潟や雨に西施がねぶの花」

の一句を詠んでいます。
 ところが,文化元年(1804)7月10日午後10時頃に象潟地震が発生すると,古象潟湖は隆起して離水し,その結果,辺りの景観は一変しました。現在見られる象潟の景観は,そのとき出現したものです。地震の震央は象潟付近,マグニチュードは7.1,隆起量は象潟海岸付近で最大180cmと推定されています。被害は死者約400名,全壊家屋約8000戸に及んだと言うことです。
 古象潟湖跡は昭和9年(1934)に天然記念物の指定を受けました。



Back
Index
Next
Home