鳥 海 山 冬 師 湿 原 の 流 れ 山 
The hummocky hills of To-shi-shitsugen (To-shi Moor)
from the volcano Mt.Chokaisan,Akita Prefecture

<春の鳥海山と流山,2008/4>          <秋田県由利本荘市>
 鳥海山北麓に冬師(とうし)と言う珍しい地名があります。冬師周辺は広い台地となっており,
仁賀保高原と呼ばれています。冬師はその中心です。冬師からは南に向かう林道があり,中
に入ってみると,あちこちに小さな山(丘)の高まり(上下の写真)がボコボコとあり,その間に小
さな溜池があることに気がつきます。同じような溜池と小山の組み合わせは,にかほ市の象
潟(きさがた)にもあり,こちらは九十九島(つくもじま)と呼ばれています。このような独特の地形
はどうしてできたのでしょうか? 実はこれらの地形は,紀元前466年に発生した鳥海山の
大崩壊によって造られたのです。
 鳥海山は海に面する日本では珍しい火山です。その火山噴火は,更新世中期の約50万年
前から始まり,その後は安山岩溶岩を繰り返し噴出しています。有史以降でも,何度も水蒸気
爆発を起こし,寛政13年(1801)には標高2236mにある新山の溶岩円頂丘を形成している活火
山でもあります。最も新しい水蒸気爆発は昭和49年(1974)に起こりました。
 さて紀元前466年の山体崩壊は,山頂の北側で発生しました。山頂付近の地形を見ると,北
に開いた馬蹄形の窪み(東鳥海馬蹄形カルデラと呼びます)があることがすぐ分かります(上の
写真)。これが当時の山体崩壊の跡です。崩壊量は35億立方mと計算されています。この値
は,寛政4年(1792)の雲仙火山の崩壊量5億立方m,明治21年(1888)の磐梯山の崩壊量12億
立方mより多く,巨大崩壊と言えます。ただ八ヶ岳の韮崎岩屑なだれの崩壊量100億立方mよ
りは少ない量です。崩壊の誘因が,地震なのか噴火なのか良く分かっていません。

<流 れ 山 2007/5>
 巨大崩壊は「象潟岩屑なだれ」と呼ばれる大規模な岩屑なだれを発生しました。なだれは白雪川に沿って一気に流下して象潟平野に達し,先端は日本海に突入しました。そこでの厚さは120mにも達しています。また岩屑なだれの一部は,100mの高度差をものともせずに仁賀保高原に駆け上がり,高原一帯を覆いました。冬師湿原や九十九島でみられる小山は,岩屑なだれによって山頂から滑り落ちてきた巨大岩塊の集積です。これを流れ山と呼んでいます。流れ山の高さは最大で45m,長径は最大400mに達しています。流れ山と流れ山の間は窪地となり,滞水域となりました。こうして,今みるような冬師湿原が形成されたのです。


<2008/4> 
 象潟岩屑なだれは森林をなぎ倒し,倒木は堆積物中に埋没して埋れ木となりました。冬師湿原では埋れ木が多数発見されており,岩屑なだれがいつ発生したかを解明するため,炭素同位体による放射年代が多数測定されました。その結果,象潟岩屑なだれの発生は,今から2600年前〜3000年前と推定されました。ところが,最近確立した年輪年代法によって冬師湿原のスギの埋れ木の年輪を調べたところ,発生したのが紀元前466年と,年単位まで分かったのです。
 冬師湿原を歩くと,流れ山,溜池,樹木の絶妙のバランスに強い印象を受けます。湿原は四季の表情が豊かな土地であり(左の写真),いろいろな花が咲き,春先や晩秋の早朝にはしばしば朝靄が立ちこめ,幻想的な風景となります。私にとって,何度も訪れてみたい風景の一つになりました。 


Back
Index
Next
Home