玉川温泉ビジターセンター展示品よ

玉 川 温 泉 の 北 投 石
Hokutolite of the Tamagawa Onsen (Hot Spring), Akita Prefecture
<秋田県仙北市>
 北投石(Hokutolite)は重晶石と硫酸鉛鉱の固溶体<(Ba,Pb)SiO4>で,重晶石の一変種です。天然の北投石は,ここ玉川温泉と台湾の北投温泉でしか知られて
おらず,温泉沈殿物として温泉が湧出する川底やしぶきのかかる滝壷の縁などで,現在も厚さ年0.05〜0.1mmほどのスピードでごくゆっくりと生成しています。菱形
ないし板状の透明〜半透明の結晶として産出し,成長すると褐色と白色の薄い縞状の岩石となります(左の写真)が,現在ではすべて立ち入り禁止地区にあってじか
に観察することは不可能です。
 玉川温泉では,大噴(おおぶけ)と呼ばれる湧出口から,泉温98℃,日本で一番pH値が低いpH1.2の強酸性泉(塩酸が主成分)が毎分8400リットルも湧出してい
ます。これは単一の湧出口からとしては日本一の湧出量だそうです。ここ玉川温泉は,癌などの症状改善に効果がある湯治場として有名ですが,それは北投石に
微量含まれる放射性元素ラジウムが,症状改善に寄与するものと考えられているからです。このようなわけで,温泉宿は湯治客で常に満杯で,温泉入浴はもちろん
のこと,自然研究路脇での岩盤浴も盛んに行われています(右の写真)。
 北投石は,大正11年に天然記念物に指定され,昭和27年には特別天然記念物に指定されました。それ以後は,採掘や持ち出しは固く禁じられています。


Back
Index
Next
Home