白 石 の 球 状 閃 緑 岩
The orbicular diorite in Shiro-i-shi-shi (Shiro-i-shi city), Miyagi Prefecture
<宮城県白石市>
 球状閃緑岩は,卵のような球体が岩石中に形成されたもので,岩石表面が風化すると菊の花びらのように見えるため,菊面石とも呼ばれています。岩石学的には,小さな粒を核として成長した球体または楕円体の縞状の構造を指します。縞状構造は,鉱物組成が異なる皮膜状の岩石が次々と外側に成長することによって形成されます。核となる粒の多くは捕獲岩(ゼノリス)の岩片です。完晶質の火成岩にしばしば見られる構造で,球状閃緑岩を特にナポレオナイトと呼んでいます。
 白石市では以前は二箇所で確認されていたそうですが,現在では露頭は無く,一箇所で石碑が建てられているだけです。実物は,白石市内の「いきいきプラザ」の玄関ロビーに展示してあります(左の写真)。切断面を研磨してきれいに磨きあげた立派な標本で,近づいて観察すると,球状部では白黒の皮膜が交互に重なっているのが良く分かります(右の写真)。閃緑岩ですから,黒っぽいところが角閃石や黒雲母の密集部,白っぽいところが斜長石の密集部です。観察後,許可を得て写真を撮らせてもらいましたが,この岩石についての解説が無いのが少々残念でした。



Back
Index
Next
Home