小 原 の 材 木 岩
Rhyolite sheet rock named Zaimoku-iwa Rock at Obara in Shiro-i-shi-shi City, Miyagi Prefecture
 蔵王山の南,阿武隈川支流の白石川に七ヶ宿湖と言うダム湖があります。その堰堤のすぐ下に「小原の材木岩」と呼ばれる名勝地があるので見学に行きまし
た。現地に立つと,高さ約100mの岩壁が幅400m以上に渡って露出しており,まるで一枚岩のような景観を形づくっています(左上の写真)。岩壁にはほぼ垂直
に立つ柱状節理が見事に発達し,岩に生えている樹木や草木とのバランスも素晴らしく,なかなかの景観です(右上の写真)。柱状節理は兵庫県の玄武洞を初
め,幾つか見学して来ましたが,これほどの迫力があって,しかも美しい景観はなかなかありません。
 柱状節理が発達している火山岩は中新世後期の流紋岩です。色調は緑がかった灰色で,石英の班晶が観察できます。柱状節理の断面は,一辺の長さ
80cm〜1mの四角形をしているので,岩壁は角材を立ち並べたような外観です。この外観から「材木岩」と呼ばれるようになりました。
 ところで一番下流側の露頭を見ると,緩く傾斜した地層の上に節理の発達した流紋岩が重なっているのが分かります(右下の写真)。
 この露頭の地質学的な意味を説明すると次のようになります。
 @地下にある液体のマグマは周りの地層や岩体(母岩ないし壁岩と言います)よりも軽いので,上へ上へと上昇して母岩にいろいろな角度でしみ込みます(これを貫入すると言います)。地層面(=層理面)に対して高角度で貫入して岩石化したものを岩脈(ダイク)と呼びます。紀伊半島の橋杭岩がその例です。一方,地層面に対してほぼ平行に貫入したものを岩床(シート)ないしシルと呼んでいます。  A分布の形から見て材木岩の場合は岩床であることが分かっています。ですからこの露頭は,下から貫入してキノコの傘のように広がった流紋岩マグマと母岩とが接触した断面に当たります。このように岩床と母岩の接触面が観察できる露頭は珍しいと言えます。二つの間には時間的なギャップはあるのですが,地質学的にはほぼ同じ時代の中新世前期の地層・岩体として扱われます。ちなみに,下位の傾斜層は砂岩と泥岩です。
 材木岩の対岸は公園として整備されており,川岸には桜並木もあります。桜の季節には材木岩とからめて,きれいな写真を撮れるでしょう。材木岩は姉滝と同じく,昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定されています。

<宮城県白石市> →



Back
Index
Next
Home