仙 台 の 姉 滝
Anetaki Fall in Sendai-shi City, Miyagi Prefecture

<宮城県仙台市太白区>
 
 姉滝は仙台市街地西方の二口渓谷に発達しています(左の写真)。この渓谷には,中新世前期から中期に堆積した作並(さくなみ)層が露出しており,デイサイト-流紋岩質の火砕岩からなる地層が渓谷のあちこちで見られます。姉滝の下流約7kmには滝百選にも選ばれた秋保(あきう)大滝があり,多くの観光客が見学にやってきますが,姉滝にはほとんどやってきません。実際,取材のため数時間現地におりましたが,人影は見かけませんでした。
 姉滝にやってきたのは,昭和9年(1934)に国の天然記念物に指定されているからです。天然記念物に指定されている滝は,姉滝以外に2箇所ぐらいしかなく,したがって姉滝は極めて学術的価値の高い滝と言うことになります。天然記念物に指定された理由は,案内板にイラスト入りで分かりやすく解説されています。それを文章で説明するのはなかなか難しいのですが,まとめてみるとだいたい次のようになるでしょう。
 @滝周辺の地層は下位に柔らかい凝灰岩層,上位に固い凝灰角礫岩層が水平に重なっているが,ある時,下位の凝灰岩層が削られて滝が生じ,長い年月の間には滝つぼから上流側の凝灰岩層も滝の飛沫によって削られ,上位の礫岩層の下に洞窟状の穴が深く穿たれた。
 A一方,上位の凝灰角礫岩層にも甌穴(ポットホール)が形成され,長い年月の間には甌穴の下刻が進んで,とうとう下位の凝灰岩層に形成された洞窟状の穴とつながった。
 Bその結果,水流の一部は甌穴から洞窟状の穴に落下する滝となり,元々の滝とあわせて流れが二条
に分かれ,かつ二段の滝と言う,きわめて珍しい外観の滝となった。
 ところが残念なことに,昭和20年(1945)7月に,滝水が落下する付近の凝灰角礫岩層が崩壊したため,普通の滝になってしまったと言うのです。
 姉滝の見学ですが,案内板のある降り口から下っていくと滝の上,つまり凝灰角礫岩層の上面にやってきますが,滝の様子はほとんど分かりません。そこで滝の下流側から河床に下りる道を探すと,二口渓谷を周遊する遊歩道があり,そこを下って河床まで降りて,やっと滝壺近くまで遡上することができました。ここからの滝の眺めはなかなかのものですが(左下の写真),ここからは二条の滝が見られます。実は姉滝は姉妹滝で,右の姉滝のほかに,左には妹滝があります。 
 辺りを見回すと,人の身長を超すような凝灰角礫岩の転石がごろごろしています(右下の写真)。これらの大転石は,上流から転げ落ちた角礫岩で,一部には崩壊した時の角礫岩も混じっているでしょう。崩壊が地震あるいは大洪水によって引き起こされたのか分かりませんが,このような巨石が崩落したのですから,その時の様子はすさまじかったでしょうね。今回はたまたま深緑の季節に訪れたのですが,新緑や紅葉の季節にはもっと綺麗な景観となるでしょう。



Back
Index
Next
Home