夏油温泉の石灰華
Calcareous sinter of the Geto Onsen (Hot Sping),
Iwate Prefecture

<岩手県北上市>
  夏油(げとう)温泉は奥羽山脈の雪深い山奥にある秘湯で,昔は交通の便も悪か
ったようですが,今では夏油川沿いの道路も整備され,車や北上駅からのバスで
簡単に行くことが出来ます。ここに紹介するドーム状の石灰華(せっかいか)は,夏
油温泉から約1km上流の右岸にあり,別名「天狗の岩」とも呼ばれています。石灰
とは,温泉水や地下水に含有される炭酸カルシウム(CaCO3)の沈殿物で,温泉
沈殿物や石灰岩洞窟の生成物などの総称です。多孔質で軟らかいものをトゥファ
(tufa)と,緻密で硬いものをトラバーチン(travertine)と言います。鍾乳洞に生成する
鍾乳石,石筍,石灰華段丘などはトラバーチンに分類されますが,この石灰華ド
ームもトラバーチンに該当します。
  夏油温泉の石灰華はわが国最大の噴泉ドーム(温泉湧出口に形成されたもの)
であり,川面からの高さは17.6m,底部の横幅は約25mで,てっぺんは緩やかなド
ーム形となっており,その横幅は7mです。昭和16年(1941)に天然記念物に指定
されましたが,昭和32年(1957)には特別天然記念物に指定されました。
  なお,石灰華ドームへの道は地元の人に確認した方が良いでしょう。道は温泉
街を迂回して,右側山腹の山道を登って行きます。温泉入口にはガードがあり,中
に入るのには案内を通す必要があります。温泉街には露天風呂が点在しているの
で,むやみやたらにのぞかれては困るからでしょうね。それからこの辺りにはマムシ
が多いようですから気をつけてください。石灰華ドームの前で今まで見たことが無い
ような大きなマムシに出会いました。くわばらくわばら・・・


Back
Index
Next
Home