一 関 の 厳 美 渓
Genbikei Gorge,Ichinoseki City,Iwate Prefecture

(天工橋から上流の「惜の滝」を見る)
 厳美渓は,東北脊梁山地の栗駒山を水源とする磐井川によって下刻侵食され,形成された峡谷です。峡谷には,滝や瀬・淵が発達し,甌穴(ポットホール)が見られ,変化に富んだ美しい景観が見事です。岩盤は,厳美層と呼ばれるデイサイト(石英安山岩)質の軽石質溶結凝灰岩から構成され,方丈節理(箱型のひび割れ)が典型的に発達しています。この「寝覚の床」の花崗岩のような方丈節理の発達が,厳美渓に見られる美しい景観の源泉でしょう。
 厳美渓の撮影ポイント(見学ポイント)は三箇所あります。上流から長者滝橋から,天工橋上流の石碑のある岩石展望台から,御覧場橋(ここだけがつり橋)からの三箇所です。これら三箇所から上流側を撮影した写真を掲載します。長者滝橋からみえる滝は「長者滝」と,天工橋から見える滝は「惜の滝」と,御覧場橋から見える滝は「小松滝」と言います。観光客が一番集中するのが天工橋そばの岩石展望台で,ここには厳美渓を記念する石碑があります。ところで,このような岩石や地層の撮影には,高曇りの日がライティングとしてはベストなのですが,当日は幸か不幸か雲ひとつ無い晴天で,光が強く,コントラストの強い画像となってしまったのが残念です。
 厳美渓をつくる軽石凝灰岩は,今から800〜600万年前頃,中新世後期に陸地に噴出ました。この岩石は,噴出して積み重なった後に自らの重さと熱によって再溶融し,ふたたび固まった溶結凝灰と考えられています。東北日本では,1600〜1500万年前の中新世前期から中期にかけて,今よりはるかに暖かい海が広がっていたのですが,それが次第に浅くなり,今の脊梁山地を中心に,やがて活発な火山活動が起こると,火山岩や火砕岩によって埋め立てられ陸地になって行きました。厳美層はこの時代のものです。
 厳美渓は昭和2年(1927)に国の天然記念物に指定されました。

(長者滝橋から上流の「長者滝」を見る)

(御覧場橋から上流の「小松滝」を見る)
 < 岩 手 県 一 関 市 >



Back
Index
Next
Home