一 関 の 猊 鼻 渓
Geibikei in Ichinoseki-shi City, Iwate Prefecture
 猊鼻(げいび)渓は,北上川支流の砂鉄川が,長い年月の間に石
灰岩層を下刻侵食してつくった渓谷です(上左の写真)。この石灰
岩層は南部北上帯の一員で,坂本沢層に対比される地層です。
堆積した時代は,ペルム紀前期で今からおよそ2億6千万〜7千万
年前と考えられています。渓谷の規模は広島県の帝釈峡には及
びませんが,それでも全長約2km,高さ50mを超える怪石奇岩が
連続し,小さな滝も点在し,岩壁は緑豊かな草木やシダ・コケ類に
よって覆われており,美しい景観をつくっています。春の新緑,夏
の深緑,秋の紅葉はもちろん,雪の季節には水墨画のような景色
が眼前に展開するので,観光地として人気があります。
 渓谷に沿って遊歩道はありませんから,見学には船頭さんが棹で
操る小舟に乗ることになります。舟から見ると,石灰岩層は灰白色
で大きく傾斜しています(右下の写真)。地質図を見ると,猊鼻渓を
つくっている巨大な石灰岩層は断層に挟まれて露出しています。
断層の運動によって,猊鼻渓の石灰岩層は大きく傾斜したわけで
す。
 奥の船着場について少し上流に歩くと,雨水に容食されて獅子
の鼻のような形をした石灰岩が岩壁上部にあるのが目に入ります
(上右の写真)。獅子ヶ鼻岩と呼ばれており,これが猊鼻渓の名称
の由来となっています(「猊」は小形の獅子(ライオン)のことだそうで
す)。ちなみに「猊鼻渓」と言う難しい名称は,江戸時代の文人墨客
が与えたのかと思っていましたが,意外と新しく明治43年に命名さ
れました。
 猊鼻渓は,岩手県で最初(大正14年(1923) 10月8日)に国の名
勝に指定されています。なお一関市には,よく似た名前の厳美渓
(げんびけい)と呼ばれる国の名勝及び天然記念物に指定されてい
る景勝地もあります。ただしこちらは市街地から西方に所在してお
り,デイサイト質火砕岩が侵食された渓谷です。      <岩手
県一関市>→



Back
Index
Next
Home