岩手山の焼走り溶岩
Yakebashiri Lava from the volcano Mt.Iwateyama, Iwate Prefecture

<岩手県八幡平市の岩手山東麓>
 焼走(やけはし)り溶岩流は,1731年年末から年明け(享保16年12月から同17年正月)の噴
火の際,岩手山の東山腹の側火口から流出した溶岩流です。規模の大きな溶岩流ですが,
被害の発生は記録に残っていないようです。
 岩手山(標高2041m)から西の三ツ石山へと続く山並みは地質学的には一連の火山群(岩手
火山群)として扱われています。岩手山はその火山群の東端に位置する最も新しく生まれた活
火山で,約3万年の歴史を持ち,玄武岩〜玄武岩質安山岩からなる成層火山です。明治以降
は1919年(大正8)に小規模な水蒸気爆発を起こしましたが,マグマが噴出するような大規模な
噴火は発生していないようです。
 焼走り溶岩流が作った土地は,現在でもごつごつした火山岩塊が積み重なった荒涼たる景
観を保持しています。溶岩流が形成する典型的な自然景観の一つとして,昭和27年に国の特
別天然記念物に指定されました。現在では溶岩流の中に遊歩道が敷設され,見学者の便が
図られています。



Back
Index
Next
Home