大岩屋の柱状節理
The columnar joint at O-iwaya
in Shizuku-ishi-cho, Iwate Prefecture

<岩手県雫石町>
 雫石町から葛根田川に沿って道なりに北上し,玄武温泉を通り過ぎるとやがて右
手前方に高さ約70m,幅約160mの大岩壁が目に入ります。この岩壁は玄武岩溶
岩からなり,柱状節理が見事です。
 この玄武岩溶岩は北に位置する大松倉山から噴出したと考えられています。大
松倉山は岩手山から三ツ石山へと連なる岩手火山群に属しています。岩手火山群
は第四紀のはじめから歴史時代にかけて,玄武岩〜玄武岩質安山岩溶岩をたび
たび噴出しています。。
 岩壁の一部は侵食を受けて玄武洞と呼ばれる洞窟が形成されていますが,平成
11年の崩壊によって入口がふさがれたため,今は立入り禁止です。
 大岩屋の玄武岩はその見事な柱状節理が評価されて,昭和18年に天然記念物
の指定を受けました。ちなみに「玄武岩」の岩石名の由来となった兵庫県の玄武洞
は昭和6年に国の天然記念物に指定されています。



Back
Index
Next
Home