唐 桑 半 島 の 巨 釜 と 半 造 
O-gama and Hanzo in the Karakuwa Peninsula, Miyagi Prefecture
 <巨 釜。 折 石が左に八幡岩が右上に見られる>
<半 造>
<宮城県気仙沼市>
  陸中海岸は北上山地の東を縁どる海岸線で,岩手県と宮城県にまたがってほぼ南北方向に伸びています。そのうち,岩手県久慈から宮城県気仙沼湾まで,南北約180kmの沿岸地域が国立公園に指定されています。地形的に見ると,陸中海岸の真ん中にある宮古市付近を境にして,その北では海面からの高さが最大150mにも及ぶ直線状の隆起海岸が連なり,その南では沈水海岸 (アス海岸)特有の入り組んだ海岸線が発達しています。つまり陸中海岸が宮古辺りを境として,その北部が隆起し,南部が沈降したと考えれば良いでしょう。
  さて北上山地は地質学的に,北部北上帯と南部北上帯に大きく分けられています。そして両者の間にある断層が複雑に発達する構造帯を,早地峰(はやちね)構造帯と呼ぶこともあります。北部北上帯はジュラ紀付加体,南部北上帯は古生代〜中生代にかつて存在していた大陸縁辺部の堆積岩類から構成されています。そして白亜紀の深成岩体があちこちで貫入し,熱変成を周囲に与えています。ここで取り上げる巨釜(おおがま) と半造(はんぞう)は,陸中海岸南部の唐桑半島北東岸にある海岸名勝地です。唐桑半島はリアス海岸が続く美しい半島で,巨釜と半造には白い石灰岩が露出し,海食崖岩礁などの美しい景観を楽しめます。
  巨釜という名の由来は,「打寄せる波が暗礁などによって混濁した流れとなり,その有様が釜の中で煮えたぎるお湯のように見えるから」と言う説や,「沖合いの八幡岩と呼ばれる岩礁が釜の蓋に似ているから」と言う説があります。巨釜のシンボルは,岬の突端にそびえる高さ16m,幅3mの「折石」です(写真左)。明治29年(1896)に発生した明治三陸津波によって,先端部分が2mほど折れたため,「折石」と呼ばれるようになったと言うことです。半造は巨釜から500mほど南にあります。半造という名は「繁昌」と言う地名がなまって「半造」になったする説や、岬の突端から見える岩礁が釜の半分のような形なので「半造」となったとする説があります(写真右)。
  唐桑半島は南部北上帯に位置します。南部北上帯には古生代から中生代の堆積岩類が露出していますが,巨釜や半造の石灰岩は,ペルム紀中期(2億6千万年前〜2億7千万年前)の叶倉(かのくら)層の一部です。ここでの地層は西に急傾斜しています。石灰岩は岬の部分にだけ露出し,その上位(ここでは西側)には登米(とやま)層の泥岩や粘板岩が露出しており,唐桑半島東部を構成しています。
  ところで,巨釜と半造の岩石については,現地の看板や紹介記事などでは「大理石」と書かれています。この北にある「大理石海岸」でも同様です。しかし手元にある20万分の1地質図「一関」や専門書をみると,いずれも石灰岩とされています。現地での観察では,通常の石灰岩に比べ,熱変成を受けていることは確かです。近くには,黒雲母花崗岩などからなる広田深成岩体や安山岩質の岩脈類が貫入していますので,そのときに変成作用を受けたのでしょう。もちろん一部は,再結晶が進んで大理石になっていると思いますが,全部を大理石とするほどの再結晶が広い範囲に及んでいるわけではないようです。大理石海岸で当時の化石が産出していることも,この点を裏付けています。


Back
Index
Next
Home