気仙沼市の大理石海岸
Dairiseki Coast (Marble Coast) in Kisen-numa City, Miyagi Prefecture
  大理石海岸は,宮城県と岩手県の県境にある
広田湾の小さな入江です。国道45号線からの入り
口がチョット分かりにくいので注意が必要ですが,
岩井沢漁港へと下る車道が海に突き当たる手前
に小さな駐車場があり,ここに車を止めて左に進
むと入り江にやってきます。ここも巨釜や半造と同
じく,石灰岩が露出していますが,こちらは打って
変わって波静かな入江です。
  浜辺に立って沖合いに目をやると,鏡のような
海面と,海面のあちこちから突き出た巨石の造形
は見事です(左の写真)。巨釜や半造では石灰岩
そのものを良く観察できませんが,こちらの方は
堆積構造などを肉眼で観察できます(中の写真)。
大理石海岸の方も,大理石と石灰岩があるとのこ
とで,貝や魚の化石も見つかるそうです。興味の
ある方はルーペ,ハンマー,サンプル袋などを用
意していくと良いでしょう。ただしむやみやたらに石
を叩き割ることは慎みましょう。
  入江を後にして,今度は駐車場から右に向か
う山道を行くと,かつての石切り場にたどり着きま
す(下の写真)。ここで石を切り出し,船に積み込ん
だそうです。東京日本橋の三越百貨店のライオン
や装飾は,ここから切り出された石が使われたと
言います。しかし,切り出した石を船に積載するの
が難しくなり,採掘はストップしました。おかげで美
しい景観が守られているとのことです。
  この大理石海岸の石灰岩もペルム紀中期の
叶倉層の一部です。石灰岩や大理石が海岸に露
出しているのは,日本ではここ以外にも何箇所か
あります。その一箇所が紀伊半島の白崎海岸
すが,これはオリストリスです。一方,大理石海岸
の方はオリストリスではなく,地層としての堆積岩
です。
  大理石は石灰岩が熱変成作用を受けて生じた
変成岩です。肉眼で見ると,再結晶した方解石の
等粒状組織が観察できます。大理石は整形・加工
が容易な上,カルシウム以外のいろんな不純物が
混じったりすると美しい文様を作るので,世界中で
石材として用いられてきました。日本では,そのほ
とんどがヨーロッパや中国から輸入していますが,
山口県美祢市などでは建築用の大理石が採掘さ
れていました。
  不思議なことは,大理石海岸が天然記念物に
指定されていないことです。地質学的な価値から
見れば,天然記念物に十分値すると思うのです
が,その理由については良く分かりません。大理
石海岸も白崎海岸も,石材やセメント原料として,
石灰岩や大理石を採掘していたからでしょうか。
 <宮城県気仙沼市



Back
Index
Next
Home