宮 古 市 の 浄 土 ヶ 浜
 Jodogahama (Paradise Beach) in Miyako City, Iwate Prefacture

<岩手県宮古市>
  浄土ヶ浜は陸中海岸の代表的な景勝地ですが,
その特徴は,海から突き出た白い岩,白い浜,そして
青い入江と,三者が作り出す絶妙な色と形のコントラ
ストです(上の写真)。海中からの巨岩は,恐竜の歯の
ように北西-南東方向に一列に林立しており,さらに
岩に生えた赤松がなかなかの添景となっています(左
の写真)。この赤松は,岩手県の「県の木」であるナン
ブアカマツだそうです。手前にある浜は,白い扁平礫
が一面に敷き詰められた礫浜。巨岩の列によって外
海と隔てられた静かな入江はブルーの鏡面です。初
めて浜辺に立って眼前の風景を眺めたときには,まる
で一幅の日本画を見るような印象を受けました。
  浄土ヶ浜の白い岩は浄土ヶ浜流紋岩と呼ばれて
おり,黒雲母流紋岩に分類される火山岩です。ただし
火口から噴出したものではなく,マグマだまりから上昇
し,地中に貫入固結した岩床が隆起侵食されて形成
されたものです。同じような岩体は,閉伊川の花原市(けばらいち)や同川支流の小国川沿いにラコリスや岩脈として
点々と分布しています。放射年代が測定されており,今から5200万年前の古第三紀の地質年代を示しています。
  浄土ヶ浜の名は、天和年間(1681-1684)に宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖和尚が、「さながら極楽浄土のごとし」
と感嘆したことから名付けられた,と言う説があります。遊覧船に乗って外海に出てみると,入江の静かさとは対照的
に,外海では荒波によって侵食された荒々しい景観が発達しています。こちらの方は,「剣の山(針の山)」「賽の河
原」「血の池」など,恐山信仰と同じような愛称がついているそうです。浄土ヶ浜は昭和29年(1954)に県名勝に指定さ
れました。さらに平成8年には日本の渚百選に,平成18年には「日本の快水浴場百選(注:海水浴場ではありませ
ん)」に選定されています。



Back
Index
Next
Home