田 老 海 岸 の 三 王 岩 
San-o-iwa (rock of three kings) in Taro Coast, Iwate Prefecture
<岩手県宮古市>
  三王岩は陸中海岸に数多い奇岩怪石の白眉でしょう。田老港や崖上の道路からの遊歩道が整備されており,見学も容易で安全です。崖上の駐車場からの上り下りは結構きついので,重い機材をかついでの写真撮影なら港からの遊歩道を利用しましょう。
  三王岩は,中央の高さ50mの男岩(男性のシンボルに似ているからでしょうが,撮影中はそんなことは思いつきもしませんでした),左側の女岩(高さ23m)、右側の太鼓岩(高さ17m)からなり,真下に立って見上げるとその迫力に圧倒されます。これらの巨岩を作る地層は,白亜紀前期後半の宮古層群と呼ばれる堆積岩です。男岩と女岩の下部の礫岩は羅賀(らが)層と呼ばれ,上部の礫岩と砂岩の互層からなる部分は田野畑層と呼ばれます。
  宮古層群は,宮古市浄土ヶ浜付近から北方の田野畑村弁天崎まで,約35kmに渡って陸中海岸沿いに点々と狭い範囲に分布する地層です。外に開けた海域での沿岸から浅海に堆積した地層で,礫岩,砂岩,泥岩から構成されています。厚さは薄くて200m程度ですが,白亜紀を特徴づけるアンモナイト,べレムナイト,二枚貝,巻貝,サンゴなどの多種多彩な化石を多産するので,化石愛好家の間では有名な地層です。宮古層群が不整合に重なる陸中層群は褶曲や断層が発達して変形が進んでいるのですが,宮古層群はほとんど変形せずに緩やかに太平洋側に傾斜しています。気仙沼沖の海底にも宮古層群相当層が広く堆積していることが確かめられていますから,私たちが目にする宮古層群は,隆起して陸地に持ち上げられたほんの一部だと言う事が分かります。
  さて,男岩と女岩は「現地性」の岩で,今もここにある地層が長年の波食,風食によって彫刻のように磨き上げられて出来上がったものです。ところが右側の太鼓岩は「根無し岩」,つまりどこからか転がってきた石(地質屋のあいだでは転石と言います)です。このような大きな石がどうして転石となってここにあるのでしょうか? これは推測にしか過ぎませんが,おそらく三陸海岸沖で周期的に起こる海溝性地震によって生じる大津波によって運ばれてきたのでしょう。大規模な津波の場合には津波が湾奥に達するほど波高が大きくなり数10mにも達します(事実,1993年北海道南西沖地震では,奥尻島に波高30mに達する津波が発生しています)から,そのエネルギーは莫大なものとなります。多分,大津波が陸地にぶつかった際に,崖下にあった太鼓岩が今の場所に転がってきたのでしょう。災厄をもたらす津波が,われわれに思わぬプレゼントをしてくれたのです。このような津波による転石を「津波石」と呼んでいます。津波石は沖縄の宮古島や石垣島でも発見されています。
  三王岩は朝夕の光で撮影すると良いでしょう。また夜間のバルブ撮影にも適しています(右の写真)。海岸の岩列の星景写真は伊半島の橋杭岩が有名ですが,ここも工夫次第でいろいろな星景写真が撮れそうです。


Back
Index
Next
Home