田 野 畑 村 の 北 山 崎 と 鵜 ノ 巣 断 崖 
Kitayamazaki and Unosudangai Cliffs in Tanohata Village,Iwate Prefecture

<岩手県田野畑村>

  田老海岸の三王岩に別れを告げ,国道45号線に沿って北上すると車は急坂を駆け上り,登りきるとそれまでと打って変わって平坦な地面を走るようになります。おまけに部分的に完成した三陸自動車道が無料開放されているので,車も少ないこの地域では快適なドライブが楽しめます。今走っている平らな地面は台地の上です。この台地は標高200m以上に達し,東西幅2-3kmで海岸沿いに久慈市まで続いています。台地東縁は海面との比高100−150mの直線的な海食崖で太平洋に接しています。台地の上は広々とした牧歌的な情景ですが,海食崖では男性的な荒々しい景観が展開しています。別名「海のアルプス」と呼ばれているのももっともだと言う感じです。その海食崖の絶景ポイントが北山崎と鵜ノ巣(うのす)断崖です。
  北山崎では,駐車場から先端に向かって歩いていくと,第一展望台,第二展
望台,第三展望台があり,さらに第一展望台から波打際まで753段の遊歩道が続いています。この階段を下りれば,下から断崖を見上げることもできますが,かなりの覚悟がいります。見学だけなら第一展望台で十分ですが,写真を撮ろうとするなら第二展望台がベストでしょう。第二展望台に立つと,比高150mもの断崖が約8kmにもわたって屏風のように続き,あちこちに洞門や奇岩,岩峰などが発達しているようすを望めます(右の写真)。条件に恵まれれば,海霧が雲海のように立ちこめ,朝日が断崖を照らしてピンクに染める写真が撮れると言うのですが,そんな光景は年に数回しかも数分しかないでしょうね。
  鵜ノ巣断崖も大規模な海食崖となっていますが,こちらの方の景観はやや単調で,断崖絶壁は太平洋に突き出した折り畳み屏風のようです(左の写真)。「鵜ノ巣」名の由来は崖の中腹にウミウの営巣地があることにちなんでいるそうです。北山崎の方にはレストランや売店などがあり,観光地化されていますが,こちらの方は駐車場,トイレ,案内板があるだけです。遊歩道を海に向かって歩いていくと,あたりは美しいアカマツ林となります。北山崎に比べると自然のままに保存されており,ほとんど人と会いませんでした。どちらが好ましいかは人それぞれでしょうが,北山崎も鵜ノ巣断崖も,展望台の先は一気に太平洋に落ち込んでおり,下をのぞき込むと見もすくむ思いがしました。
  この地域の海食崖は,陸中層群原地山(はらちやま)層から構成されています。原地山層からは放射年代が測定されており,1億1500万年前から1億2千万年前の白亜紀前期後半の値が得られています。岩石はデイサイト-流紋岩質の溶岩や火砕岩からなりますが,変質がかなり進んでいます。海食崖がやや赤茶けた色調を呈するのはそのせいです。このように原地山層は火山活動の産物と言えるのですが,ほぼ同時期に,北上山地北部で花崗岩複合岩体を形成するような深成活動が生じています。広い範囲で考えると,白亜紀前期に北上山地北部で大規模な酸性火成活動があったと言うことになります。
  一方,台地上の平坦面は海成の段丘面(つまり海食作用によって形成された段丘面)です。ここの段丘面はいろいろ研究され,その結果,上下2段に区分されています。高い方は水無面と呼ばれ今から約80万年前に,低い方は広野面と呼ばれ今から約70万年前に離水し,段丘面になったと考えられています。いずれも更新世中期の段丘で,離水後,段丘面はどんどん隆起して,標高200mにも達するようになったと言う分けです。チョッと計算してみると,100年当たり2.5cmずつ隆起したことになります
  いずれにせよ,高位段丘としてはかなり古い段丘です。段丘には堆積性と侵食性のものがありますが,ここはほとんど堆積物を載せない侵食段丘です。車で台地から下る途中の崖でローム層が露出しているのが目に入りましたが,西の岩手山あたりから飛来した火山灰なのでしょうか。そんなことがフッと頭をよぎりました。



Back
Index
Next
Home