北 上 山 地 の 安 家 洞 と 龍 泉 洞
Akkado and Ryusendo Caves in the northern Kitakami Mountains, Iwaizumi-cho,Iwate Prefecture

  岩泉町から久慈市にかけての北部北上山地には,北北西‐南南東方向に厚い石灰岩層が分布しています。この石灰岩層は安家石灰岩と呼ばれ,龍泉洞,安家洞(あっかどう),氷渡洞などの鍾乳洞が形成されています。最も有名なのが龍泉洞で,国の天然記念物に指定されています。龍泉洞は観光地化(俗化)されており,観光客がひっきりなしに見学に訪れます。安家洞の方はほとんど訪れる人も無く,自然のままにひっそりとしています。三脚使用の写真撮影なら落ち着いてできる安家洞がお勧めです。安家洞も国の天然記念物に指定されています。ちなみに,氷渡洞は予約すれば見学できるようですが,三脚使用の写真撮影は前もって許可を得ておく必要があるようです。
  安家洞は,日本で一番長い鍾乳洞で,総延長距離23,700m, 1,000箇所以上の分岐洞が確認されています。洞口から奥700m程までが公開されており,見学道と照明が整備されています。洞内には石筍や鍾乳石があちこちに形成されています(右上の写真)が,石灰岩そのものはやや泥質で黒っぽく,あまりきれいとは言えません。ただ,神殿と名づけられたホールには,天井から滴り落ちた石灰水が再結晶して成長した乳白色の石筍や鍾乳石がきれい発達しており,撮影のしがいがありました (上の写真)。今回,安家洞は初めてだったので,入り口から順番に撮影を進めたのですが,今度いくならまずは神殿まで一気に突進することに決めています。とにかく神殿が安家洞随一の撮影ポイントであることは確かです(下の写真)。

<岩手県岩泉町>

  龍泉洞は、日本三大鍾乳洞の一つに数えられ,確認された総延長距離は3,100m以上,おそらくは5,000m以上と推定されています(右上の写真) 。洞内には,湧出する地下水が数ヵ所にダークブルーの水をたたえた地底湖を形成しています。中でも第3地底湖は水深 98m、第4地底湖(未公開)は120mと日本一の規模を誇り,世界でも有数の透明度だと言うことです(右の写真)。洞内には,通路,鉄梯子,照明と,見学のための設備は良く整っています。しかし,見物客が多く,落ち着いて撮影できませんでした。今度行くなら,休日ではなく,平日にゆっくりと撮影したいと思いました。なお,龍泉洞も三脚使用の撮影は可能です。
安家洞や龍泉洞が形成された安家石灰岩は,厚さが400〜700mあります。地質時代は,産出するコノドントと言う微化石から,中生代初めの三畳紀と言われています。三畳紀は今から2億万年前〜2億5千万年前の地質時代です。この石灰岩

と同時代のチャートが砂岩や泥岩などからなる厚い地層にオリストリスとして取り込まれ,それらが付加体となってユーラシアプレートに付加したと考えられています。泥岩からはジュラ紀の放散虫化石が産出します。一方で,付加体は白亜紀前期の花崗岩体に貫入されているので,付加した年代は中生代半ばのジュラ紀と考えられています。



Back
Index
Next
Home