根 反 の 大 珪 化 木
The large silicified wood at Nesori in Ichinohe-Machi, Iwate Prefecture
 根反(ねそり)の大珪化木は,根反川沿いにあるあずまや風建物の対岸に直立しています(左と左下の写真)。説明板によると,珪化木の元となった樹種は,セコイアに近い種類で,高さ6.4m,直径2m,幹の周り約7mであり,直立する珪化木としては日本最大のものとされています。「直立する」と限定しているのは,岐阜県美濃加茂市に,瑞浪層群蜂屋累層(前期中新世)から倒木としてはこれより長い珪化木が産出しており,岐阜県の天然記念物として指定されているからでしょう。
 化石や岩石の成分の一部が珪酸(SiO2)に置換されたり,反対に珪酸以外の成分が溶脱して,結果として化石や岩石が珪酸成分に富むようになる作用を,珪化作用と言いますが,化石の場合,珪化作用を受けると岩石のように硬くなって,地層中に保存されやすくなります。根反の大珪化木はその代表的な化石です。
 根反の大珪化木は,前期中新世の今から2000万年前〜1600万年前に堆積した四ッ役(よつやく)層に含まれています。四ッ役層が露出する根反川や馬渕川沿いに所在する姉帯・小鳥谷・根反地区からは珪化木が多数産出しています。根反の近くにある根反小学校の門柱は,そういった珪化木を用いて作ったものでしょう (下の写真)。
  根反の大珪化木は昭和11年(1936)に天然記念物に指定され,昭和27年(1952)には特に貴重なものとみなされ,特別天然記念物に指定されました。
<岩手県一戸町>



Back
Index
Next
Home