浪 打 峠 の ハ ン モ ッ キ ー 斜 交 葉 理

The hummocky cross-lamination at Nami-uchi-toge in Ichinohe Cho, Iwate Prefecture
< 岩 手 県 一 戸 町 >
 浪打峠は岩手県北部に位置しており,別名「末の松山」とも呼ばれています。車なら八戸自動車道一戸ICから北へ,約10分ほどの距離です。峠には砂岩や礫岩が露出した崖があり,いろんな種類の斜交葉理がきれいに発達しています。地層の時代は,中新世前期‐中期(今から約1500万年前)で,後で述べるように,貝化石や堆積構造の証拠から,浅い海に堆積したことが分かっています。この崖の地層は「末の松山」にちなんで末の松山層と呼ばれており,「浪打峠の交叉層」として昭和16年(1941)に国の天然記念物に指定されています。天然記念物に指定された理由は,地層に見事な斜交葉理が発達しているからです。斜交葉理は堆積構造の一種であり,地層の模様です。斜交葉理を作る地層そのものは,クロスラミナ(和訳はまだ確立していません)と呼びます。
 これから斜交葉理を観察しながら,この崖の地層がどんな堆積環境に堆積したかを考えてみましょう。まず崖の下部を見ると,波がうねったような形の斜交葉理が発達しています(上の写真) 。これはハンモッキー斜交葉理(HCS)と呼ばれるもので,名前は形がハンモックに似ていることに由来します。HCSは潮間帯よりやや深い外浜と言う浅い海底に形成されます。逆に言えば,ハンモッキー斜交葉理が見られれば,その地層は外浜に堆積したと言うことです。
 クロスラミナは水の流れによって形成され,ラミナは下流方向に傾斜しつつ堆積します。川の流れのように,同じ方向の流れが続くような環境でしたら,同じ方向に傾くクロスラミナが重なっていきます(下右の写真)。しかし,HCSの上に重なる地層には,傾斜方向が違うクロスラミナが順次重なっています(下左の写真)。これはその当時の流れが,行ったり来たりする振動流であったと言うことです。振動流は,潮の干満の影響を受けるような潮間帯(外浜よりも浅い環境)で生じますから,この部分の地層は潮間帯に堆積したことが分かります。次に反対の崖を見ると,板状の斜交葉理と平行葉理が重なっていることが分かります(下右の写真)。ここは,振動流の影響を受けないようなやや早い流れのあった場所だったのでしょう。
 ここで地層の重なりを復習すると,HCSが発達する地層から傾斜方向が異なる斜交葉理の発達する地層の順に重なっています。堆積深度に注目すると,外浜から潮間帯へと,上に向かって浅くなったことが分かります(上方浅海化)。地層の粒度に注目すると,上方に向かって砂から細礫混じりの砂へと粗くなっていることが分かります(上方粗粒化)。このように地層の堆積構造を詳しく観察すると,堆積当時の環境(古環境)が分かってくるのです。末の松山層から産出する貝化石も,浅海の堆積環境を示していますから,堆積構造も貝化石(示相化石)も同じ古環境を示すことになります。このように,堆積構造や示相化石を調べると,地層が堆積時の古環境を知ることが出来るようになります。
 ところで,斜交葉理の原語はクロスラミネーションと言い,地層の模様を表す用語です。地層そのものを指す場合にはクロスラミナと呼びます。クロスラミナの和訳はまだありません。偽層と呼んだり斜交成層と呼んだりしますが,まだ市民権を得ているわけではありません。本来,ラミナは葉層(葉っぱのような薄い地層)と訳しますから,クロスラミナは斜交葉層と訳すべきです。
 クロスラミナを斜交葉理と訳す人が大勢いますが,先に述べた理由から間違いです。残念ながら,地質分野の辞書や事典も,クロスラミナを斜交葉理と訳している場合がままあるのが現状です。要するに,斜交葉理(=堆積構造)が地層の模様であること,ラミナが地層そのものを指す言葉であることがキチンと認識されていないことが混乱の原因です。斜交層理と言う和訳も良く聞きますが,これは誤訳(迷訳?)であり,わけの分からない用語ですから,使わないほうがベターです。
 ちなみに,天然記念物に指定された昭和16年(1941)当時には多分,クロスラミナの和訳として,「斜交葉理」も「偽層」もなかったでしょう。天然記念物の呼び方としての「浪打峠の交叉層」も,見たままの様子を当てはめたのではないかと思いますが,決して誤訳ではなく,「斜交層理」などというわけの分からない呼び方をしなかっただけでも,立派な見識だったと思います。



Back
Index
Next
Home