下北半島の仏ケ浦
A marine erosive feature named Hotoke-ga-ura
on the west coast of the Shimokita Peninsula,
Aomori Prefecture

<青森県佐井村>
 下北半島西海岸では断崖絶壁が続くのですが,仏ケ浦(仏宇多)では,海岸線に
沿って延長1.5kmに渡って高さ60-90mの奇岩怪石が林立しています。ここでの岩
石は流紋岩質の緑色凝灰岩−いわゆるグリーンタフと呼ばれている岩石で,中新
世の檜川層に属しています。
 緑色凝灰岩は関東北部から東北地方に良く分布しています。別名「大谷石」とも
言い,柔らかくて整形がし易いので,良く庭の壁石などに使われていますから,「あ
ああの緑っぽい石か」と思い当たるはずです。このように緑色凝灰岩は柔らかいの
で,雨食で生じた縦溝に加えて強い波や風の影響によってこのような形になったの
でしょうか。
 主な岩体には仏具や仏像にちなんだ名前がつけられているそうですし,昔は近く
の恐山とともに霊場の一つだったとのことです。見学には遊覧船か,国道からの遊
歩道を利用します。また国道沿いには展望台もあります。
 1941年(昭和16年)に国の天然記念物に指定されました。



Back
Index
Next
Home