用 語 解 説 1

あ行

→か行 →さ行 →た行 →な行 →は行 →ま行 →やらわ行 

イオン (ion)
プラスまたはマイナスの電荷を持つ原子または原子団。プラス電荷を持つものを陽イオン,マイナス電荷を持つものを陰イオンと言う。
 遺存種
  (relic)
地質時代に繁栄したが今は衰退している生物のこと。残存種とも。シーラカンス,イチョウなどがその例。遺存種にはいろいろあるが,その一つに「生息環境の変化によって地理的分布が狭くなったもの」と言うカテゴリーがある。深泥池のミツガシワお亀池のサギスゲはこの例に当てはまる。「生きている化石」とほぼ同義であるが,遺存種の方が科学用語としての意味合いが強い。
液状化
(liquefaction, quick sand)
砂層のように砂粒と砂粒のあいだにすき間(間隙)があり,そこが水等の流体で満たされている場合,地震動などによる応力が加わると,間隙水圧が急上昇する。そうなると砂粒同士の剪断抵抗がなくなって,砂が流体中に浮遊するような状態になる。このような固体として振舞っていた地層が液体のようになる現象を言う。液状化した流体はより低圧の方向に移動しようとする(これを流動化と言う)が,地層の上面が地面やそこに近いときには,間隙水と共に砂(場合によっては礫も)が噴水のように噴出して地表に堆積する。これが噴砂である。本来,液状化と流動化は区分して用いるべきだが,実際的には(幾つかの辞典でも)両者を併せて液状化と言っている。
甌穴(pot hole)
岩石からなる河床や海岸に形成された円形の深い穴。ポットホールまたはかめ穴とも。円礫が穴の中に入っているので,水流の力で礫が回転し,穴を作ったと考えられている。
オリストストローム
(olistostrome),
オリストリス(olistolith),
メランジェ(melange)
地層中に大小いろいろな種類の岩塊を乱雑に含む地質体(地層や岩石の大規模集合体のこと)をオリストストロームと,岩塊をオリストリスと呼ぶ。「大小」とは数mmから数km以上のサイズまでを指している。「いろいろな種類の岩塊」には,その地質体から再堆積した岩塊(例えば「さらし首層」)と,その地質体以外の地層や岩石から由来した岩塊(例えば「白崎石灰岩」)の2種類がある。これと似た外観を呈する地質体にメランジェがあるが,こちらは基質や岩塊が強く変形や破断を受けたり,岩塊に海洋プレートの断片を示唆する蛇紋岩・斑れい岩・玄武岩やチャートの岩塊を多数含んでいるものを指す。しかし,両者は漸移的に移行している(両者の中間型がいくらでもあると言うこと)ので,最初から産状だけでメランジェとすることは無理であり混乱のもとである。成因的には,大陸プレートの海溝斜面付近での巨大地震の発生によって,付加体とその表層(上層)の柔らかい堆積物が大崩壊して海底地すべりを起して海溝に流れ込み,そこで海陸起源の堆積物が乱雑に混合した地質体をオリストストロームと,海陸プレート境界での激しい変形や破壊作用によって形成された一種の混合岩体をメランジェと呼んでいる。したがって,オリストストローム,メランジェとも記載と成因の双方の概念を含んでいる用語であることに注意する必要がある。

ページトップ

地質百景